ネットビジネスで稼ぐ元早大生keishiの自己紹介

keshiどうも、keishiと申します。
現在25歳です。

2013年にネットビジネスを知り、そこから
始めたいわゆる後発組です。

 

現在は、
アフィリエイトとWebマーケティングを中心に
活動し月収100万円程度の収益があります。

 

ただ、僕の場合センスのある天才起業家達のように
最初からすぐに稼げたわけではありません。

 

むしろ、スキルも戦略もパソコンの知識すら何もなく、月収1000万円
ネットで稼いでやる!という意気込みだけしかなかった僕は当然稼げる
ようになる訳もなく、かなりの期間辛酸を舐めることとなります。

 

一番損するのは下の下、ではなく中の下

昔から僕はお世辞にも頭の回転が速いとか、要領がいいとか
そういったことはなく全てにおいて中の下でした。

 

頭の回転もスポーツもモテなさも最下位じゃないけど、下から
数えたほうが早いよね程度の人間だったのです。

 

20人いたら下から数えて3番ぐらいでしょうか。

 

これが下の下、最下位とかだったら話のネタにもなるの
でしょうが、一番中途半端な中の下です。

 

高校の頃、同じクラスだった運動のセンス0、正真正銘下の下
だった高本くん(仮名)は体力測定テストの走り幅跳びで砂場に
届かない(計測記録0m)というミラクルを起こし、笑いをひとり占
めにし、本人もネタにしていました。

 

一方僕は砂場にこそ届きましたが、クラスのガリ勉くんよりも
計測記録は低く、下から3番目ぐらいの結果だった上になんの
旨みもないといういちばんダサい結果…

 

ゴルフやビンゴでも最下位、または最下位から2番目には
ブービー賞という形で何らかの恩恵が用意されているのですが
下から3番目はリアルに報われないのです。

 

「でも早稲田大学出身なんでしょ?頭は良いじゃん!!」と思われる
方が多いみたいですが、大学受験に関しては勉強以外の全て
を断ち切って勉強量ゴリ押しでやった結果です。

 

逆に言えば頭の良い人、要領の良い人たちと同じぐらいの
勉強量しかこなしてなければ確実に落ちていました。

 

Aさん、Bさん、Cさんがいて、それぞれつまづくところが違うとして
僕はAさんがつまづく箇所でもつまづきBさんがつまづく箇所でも
つまづきCさんがつまづく箇所でも漏れなくつまづきます。

 

その上、一度気になったことはテストの点数に結びつかないと
しても収益にならないとしても解決しないと気がすまないのです。

 

こういった要領の悪さからネットビジネスに関しても最初は
中々結果が出ずに実践している教材のせいにしたりしていました。

 

まあでもやり方がズレていなければ、要領が多少
悪くても実践していれば徐々に成果は出てきます。

 

ビジネスは価値と価値の交換です。

 

初心者の生み出せる価値なんてせいぜい10円とか
100円です。

 

だからネットビジネスで稼げる報酬も最初は
10円とか100円とか、そういう世界です。

 

でも例え10円、100円でもきちんと機能している
限り毎日報酬として入ってくるのです。

 

極端な話ですが、1日に100円稼ぐサイトを100個
作ったら日収1万円、月収30万円になるわけで、ひたすら
量をこなせば実現できることに気がつきました。

 

これに気づいてからは教材や人のせいにするのは
止めてひたすら実践しました。

 

今でこそ、僕は1日3時間の作業時間で月収100万円
を超えています。

 

理由は僕のビジネススキルが上がり、提供できる価値が
増したことと、今まで作ってきたサイトやメルマガが資産と
なって利息を生み出してくれているからです。

 

50億円の”資産”があれば年利0.1%で預金しておけば
毎年500万円はほったらかしで利息が発生します。

 

資本主義では、価値ある資産を作ればほったらかし
でも当然利息が発生するのです。

 

価値あるサイトやメルマガなど資産を作れば
当然利息が発生します。

 

ですから月収数百万円を稼ぎつつ、自由な時間を確保した
いのなら不動産だろうがサイトだろうが、実店舗だろうがな
んでもいいですから利息をもらたす資産を作って行くべきです。

 

満員電車に乗ってやりがいのない仕事をする
ために会社に週5で行くなら死んだほうがマシ

僕が自分で事業をやろうと思ったきっかけの中でも
かなり強い動機の一つに通勤ラッシュの満員電車
に乗りたくないというのがありました。

 

そんな辛い思いをしてまで会社に行ってやりがいを
イマイチ見いだせない仕事を惰性でこなして…

 

いざリストラされて社会にひとり、放り出されたときに
一人では何もできない、1円も稼ぐスキル、資産がない…

 

人生の大部分をそんなことのために費やす、
僕にとってはそれは死んでいるのと同じです。

 

自分では1円も稼ぐことができないというのは
1円の価値も提供できないということです。

 

きつい言い方かもしれませんが、1ミリも世の中に価値を
生み出せないわけですから死んでいるのと同じだと僕は
思っています。

 

だったら死ぬ気で自律して稼ぐスキルを0から磨いてでも
自分で事業を立ち上げたほうが建設的じゃないかなと。

 

そう考えていたので例えネットビジネスに出会わな
なくても他の事業で起業していたと思います。

 

実際に今はネットビジネスと並行してアナログでの
コミュニティ事業も行っています。

 

しかしネットビジネスでなければここまでの収益を
これだけ短期間で構築することはできなかったはずです。

 

以降の講義ではネット上に資産を作る方法、考え方など
ネットで稼ぐために必要な知識を提供して行きます。

 

僕やネットビジネスに興味が出た方は第1講以降にお進みください。

⇒第1講 ネットビジネスの種類 どんなことをして稼ぐのか?

月収10万円メール講座SHARE VISION登録はこちら

⇒メール講座 SHARE VISION