恐怖を売って儲ける?ホラーコンテンツとネットビジネス

ビジネスというのははあなたが提供する価値とお金という価値を交換することです。嬉しい、楽しい、ワクワクという感情には価値があるのでサービス業が成り立ちますが、実は恐怖という感情にも価値がありお金という価値と交換できるのではという話をします。

ホラー

 

 

ふと、映画ってなんのジャンルが人気なのかなーと思いアマゾンの
日本のジャンル別DVD商品の登録数を見てみると面白いことが分かり
ました。

 

ホラー映画の数が意外に多いということです。

 

映画の王道、アクション映画の商品数が現在3945件に対して、
ホラー映画の商品数は1495件もあります。

 

もちろんアクションを超えるほどの数は出ていませんが、
それにしても意外に多くて驚きました。

 

そういえば僕も小さい頃、怖い映画やドラマを見ると寝られなく
なったり一人でお風呂にはいれなくなったりしましたが、
ついつい見てしまうんですよね。

 

特に世には奇妙な物語はたまにものっすごく怖い話があったり
するのでそういう回を見てしまった日には死ぬほど後悔するん
ですが、なんだかんだ次も懲りずに見てしまいます笑

 

“恐怖”って感じたくないと思いつつ、心のどこかでは感じたいと
思っているんだと思います。

 

さて、
ホラー映画の商品数が多いということはそれだけ需要があるということの
あらわれですからホラー好きが結構多いということですよね。

 

この事実を発見したおかげで自分がいかに狭い価値観の中で
ビジネスをやっていたかということに気がつきました。

 

冒頭でも言いましたが、ビジネスとは価値と価値の交換です。

 

売り手の提供する価値(商品・情報)と買い手の価値(お金)を
交換することで成立します。

 

つまりお客さんが価値を感じる商品や情報を販売することが
ビジネスの基本なので「どういうものに人は価値を感じるか」
を考えることが非常に重要になってきます。

 

僕は世の中でよく言われていることですが、楽しくなる、役に立ったなー
と感動する、ワクワクするという感情には価値があると思い、それらの感情を
提供できるようなサービスや企画・商品を作って販売してきました。

 

ブログやメルマガを作って情報発信する際も、楽しい+役に立って感動すると
いった感情を抱いてもらえるような情報提供を意識してきました。

 

それによってそれなりに成果を出してきましたが、今回恐怖という感情にも
価値があるということを認識できました。

 

ホラー映画を見たときの恐怖の感情やコメディ映画を見たときの楽しい感情
って明らかに別の感情ですが”おもしろかったー”という言葉でひとくくりに
まとめてしまうことが多いので今までおもしろいものに価値があることは認識
していましたが、怖いものに価値があるとは認識できていませんでした。

 

何が言いたいかというと、
価値を感じる感情は今僕らが認識しているもの以上
にある可能性があるということです。

 

そしてそれらの感情に価値があることを認識できれば、その価値を
提供するビジネスができるのでビジネスの幅がぐっと広がります。

 

懐かしいという感情に価値があることを認識できれば、懐かしいという
感情を想起させるような商品(例えば大人グリコとか大人向け仮面ライダーベルト)
を作ることができるわけですから。

 

また今はまだ言語化されてないけれども確実に人が価値を感じている
感情というものは無数あると僕は踏んでいます。

 

例えば、先日晴れた日の夕方自転車で池袋に買い物に行ったのですが
僕は方向音痴なので帰り道迷ってしまいました笑

 

閑静な住宅街に迷い込んだのですが、住宅に植えてある木の隙間から
見えた夕焼けのオレンジ色の木漏れ日を見たときに”なんともいえない”
感情になりました。

 

懐かしいという感情にも似ていましたが、ちょっと違ったんです。
その時の感情を言葉で論理的に説明することは今の僕にはできません。

 

精一杯的確に表現すると”何とも言えない感情”です。

 

すごく不思議な感情でしたが、過去に何度か経験した感情であり
感じるたびに言葉にはできないもどかしさを感じていた感情です。

 

あなたにもそういった言葉にできない感情というのはあるのでは
ないでしょうか?

 

僕はその”何ともいえない感情”に浸りながらちょっとした高揚感を得ると
ともに「好きな時にこの感情を感じることができるならばお金を払ってもいいな」
と思いました。

 

もし仮に僕のようにこの”何とも言えない感情”に価値を感じる人がいる
のであれば、この感情の正体を解き明かし論理的に説明できるように
なったときにビジネスの幅を広げることができるはずです。

 

そういった感情を提供できるようなサービスや商品を作ればいい
だけですから。

 

今は論理的に説明できない僕の中に芽生えた感情をいつか必ず
説明できるようになりたいと思っています。

 

そしてその感情に僕以外にも需要があるのであれば商品・サービス
に活かしていきます。

 

ps.恐怖という価値を提供して稼いでいる有名な
アフィリエイトサイトを紹介しておきます。

⇒哲学ニュース(http://blog.livedoor.jp/nwknews/)

 

怖いのが苦手な人は見ないほうがいいです笑

当ブログからの無料プレゼントはこちら
バナー

いかがだったでしょうか?参考になれば幸いです

当記事を気に入って頂けましたら、ソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加