どうもkeishiです。

早稲田大学卒業後、一時期のニート生活を経て、
現在ネットビジネスを生業としております。

 

2013年5月にネットビジネスを始めた超後発組の僕ですが、はじめは全く稼げずに「教材が悪い」などとあたり散らかす毎日でした。

 

しかし、今では1日3時間の作業で月50万以上稼げるようになり、自ら教科書を作って無料配布したり、有料でコンサルティングをしたりもしています。

 

 

 

もしもあなたがJRの社長で電車を所有していたら、電車の中に
貼ってあるつり革広告の広告収入で莫大な収入が入ってくるでしょう。

t

 

同じ原理で僕はたくさんの人が集まるブログやメルマガを作った
ので、そこに貼ってある広告収入が発生し続けています。

 

メール講座「SHARE VISION」では初心者がそうした広告収入での
月収10万円を構築するために必要な情報を提供していきます。

 

 

 

 

 

「1日3時間の作業で50万円?嘘臭ぇ」

 

もしもあなたがこう思ったのならば、僕と感覚が似ていますね。
僕も最初はにわかに信じられませんでした。

 

しかし、ちょっと考えてみてください。
貧困国で働く人々が時給30円以下の給料である一方で、日本の
マクドナルドで働くフリーターの時給は700円以上あったりします。

 

 

金額にして20倍以上ですが、日本のマクドナルドで働くフリーターが
貧困国で働く人々に比べて20倍優れていると思いますか?

 

当然、そうではありませんよね。
そして貧困国の人々からすれば1時間働いただけで700円も
もらえるなんて彼らの感覚からすれば、"異次元"でしょう。

 

 

でも日本人にとっては時給700円は常識の範囲内です。

 

それと同じでマクドナルドのフリーターからすれば1日3時間で
月50万円は"異次元"かもしれません。

 

 

でもネットビジネスの業界に身をおく、われわれにとっては
常識の範囲内なのです。

 

 

そして貧困国の人と日本のマクドナルドのフリーターの収入の差が能力の差
ではなく所属する環境によって決まっているように、日本のマクドナルドの
フリーターと僕の収入の差も所属する環境による違いでしかありません。

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

メルマガ登録フォーム


        *メールアドレス
       *お名前(みょうじ)