【コピーライティング基礎】文章を信じさせるテクニック

どうもkeishiです。
今回は文章を盲信的に、読み手に信じてもらうためのテクニックを動画で紹介しています。

ライティング

 

文章を信じさせるテクニックの動画講義

 

コピーライティングにおいて
超えなければいけない読者の態度は

  1. not open
  2. not read
  3. not believe
  4. not act

という、4つのnotです。

※なお4つのnotに関して詳しく理解したい方は
こちらをご覧ください。

4つのnot

 

そして今回紹介するコピーライティングテクニックは
not believe(信じない)を攻略するためのものです。

 

基本的に読者や見込み客は商品のPRや
セールスレターに対して疑いの目を持っています。

 

ダイエット商品のセールスレターに「好きなだけ食べても
飲むだけで痩せるダイエット飲料」と書いてあってもまずは
「いやいや、嘘だろwwと疑いますよね。

 

そこでセールスを行う際にはそういった読者に
書いてあることを信じてもらう必要があります。

 

文章を信じさせる4つのコピーライティングテクニック

セールスレターの内容を信じてもらうテクニックには
以下の4つがあります。

  1. 実績の証明
  2. 知識の証明
  3. 信頼ある第三者の証明
  4. 検証による証明

この内1つでも証明することができればセールスレターの内容の
信頼性は読者の中でグッと上がります。

 

1.実績の証明

事実や画像など実績を見せ信頼性を証明するということ。

 

2.知識の証明

商品やノウハウに対する圧倒的な
知識量を見せることで信頼性を証明する。

 

3.信頼のある第三者による証明

その分野での著名人や有名人によって太鼓判、
推薦文をいただいてそれを見せることで信頼性を証明する。

 

もしくは○○賞受賞のような物的な権威でもOK

 

4.検証による証明

デモンストレーション。
実際に目の前で実践することで信頼性を証明。

 

以上の4つのテクニックを駆使して、セールスターや
メルマガの内容の信頼性を向上させていきましょう。

 

よく、「メルマガアフィリエイトでは実績がないと稼げない」
という人がいます。

 

確かにメルマガにおいては実績があったほうが商品を
販売しやすいのは確かです。

 

それは実績を提示できなければ商品の効能が
信頼されずらいからです。

 

しかし、もし実績を証明しなくてもほかの3つのテクニックを
使うことができれば読者を信頼させるセールスレターを作成
することが可能なのです。

 

ただし、実績を証明するというのが1番簡単です。

 

画像や事実をそのまま載せればいいだけですから
コピーライティングのスキルが不十分でも十分な効果を
得ることができるからです。

 

以上文章を信じさせるテクニックでした。

 

 

当ブログからの無料プレゼントはこちら
バナー

いかがだったでしょうか?参考になれば幸いです

当記事を気に入って頂けましたら、ソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加