ネットビジネスと資本主義

どうも、keishiです。今回はビジネスをする上で押さえておくべき”経済のルール”の話をしたいと思います。
資本主義

日本の経済のルール、それは中学生の時に習った
“資本主義制度”というものです。

 

名称ぐらいは聞いたことがあると思います。

 

ではそれがどんな制度(ルール)かは
説明できますか?

 

このあたりから段々怪しくなるのでは
ないでしょうか?笑

 

資本主義制度とはざっくり言えば

 

資本(ヒト、モノ、カネ)を投 資して
利益を得ていく

 

という制度・ルールです。

 

そしてルールである以上、
我々は従わなくてはいけないのです。

 

言い直したほうがしっくりくるかもしれません。

 

「日本の経済ルールで利益を得る、つまり稼ぐには
資本(ヒト、モノ、カネ)の投 資が必要である」

ということです。

 

わかりやすいように言い換えると
ヒト=労働力、モノ=機械、カネ=お金です。

 

つまり働かずに、機械も持たずに、お金も投 資
せずにビジネスで稼ぐというのは日本のルール
では残念ながら不可能です。

 

だから日本に住む以上、
それは受け入れるしかないわけです。

 

じゃあ、社会主義というルールなら働かずに、
機械も持たずに、お金も投 資せずにビジネスで
稼げるのかというとそうではありません。

 

そもそも社会主義ルールでは私有財産を持つこと
自体が認められないですから。

 

ここまでは中学で習ったことなのにアフィリエイトを
始めようとしている大の大人が働かずに、機械も持たずに、
お金も投 資せずに稼げるとはき違えてしまっています。

 

そして重要なのはここからです。

 

利益を最大化させるためには
資本をどのように割り振るのが最適なのか?
を考える必要があります。

 

RPGゲームでパラメータを割り振る感覚ですね。

 

大きな視点で捉えればビジネスをするということは
3つのパラメータ(ヒトモノカネ)を最適に割り振る
ということなのです。

 

例えばあるダイエット商品を売るビジネスを
する際には

労働力:機械:お金=3:3:4

 

に割り振るのが最適かもしれません。

 

またカフェを運営する際は

労働力:機械:お金=5:1:4

が最適かもしれない。

 

数字は適当ですが、要は利潤を得るために
重要なのは資本の割り振り方だということです。

 

ちなみに
労働力、機械、お金は代替可能です。

 

お金を払えば従業員が雇える、つまり労働力が
買えますし、自分が働けば給料がもらえます。

 

つまり労働とお金は代替できるということです。

 

機械とお金も代替できるし、労働と機械も代替
できますよね。

 

これが労働力、機械、お金が代替可能という意味です。

 

例えば
カフェビジネスを始めたいからバイトで軍資金を貯めて
カフェを経営して最大の利益を上げるという道筋は

バイトで労力をお金に変える(代替する)、つまり

労働力:機械:お金=10:0:0

労働力:機械:お金=0:0:10

 

とやったあと、軍資金が貯まったら
お金をカフェ経営で利潤が出るように適切に代替する、
振り分けるということをします。

労働力:機械:お金=0:0:10

労働力:機械:お金=5:1:4

 

もっかい言いますが数字は適当ですよ。

 

この割り振りというか、振り分けるという
行為がビジネスをするということなのです。

 

ここで「お金がないから無料で稼ぎたい」
ということがいかにナンセンスであるか
わかるでしょう。

 

無料で稼ぐというマインドでビジネスを
するということは

常にお金を0に割り振るということです。

労働力:機械:お金=?:?:0

 

例えば、
参入しようとしているビジネスでは

労働力:機械:お金=5:1:4

に資本を割り振るのが適切だと気づいた
とします。

 

その場合、持っている資本を5:1:4に割り振って
投 資するのが望ましいのに「無料で稼ぎたい」
というマインドを持つ人はお金を0以外に割り振る
ことができないということなのです。

 

くどいようですが
もう一度言います。

 

日本の経済ルールは資本主義であり、
資本(ヒト、モノ、カネ)を適切に分配した上で
投 資して利益を得ていくというものです。

 

ビジネスをする上であなたがやることは適切な
資本の分配・割り振りです。

 

無料で稼ぎたいということはヒト、モノ、カネの
うちカネに0以外の数値を割り振れないということで
それはもはやビジネスで成功できないということと同義です。

 

アフィリエイトもビジネスである以上、
この原則は当てはまります。

 

最適な資本の割り振りをして得た利益を加えた資本を
ふたたび最適に割り振り直しより大きな利益を得る…

 

ビジネスとは
これの繰り返しです。

 

僕もプロダクトローンチのスキルがまだまだ未熟だな
と感じていたので先週、モノ(塾)に40万円近い
資金を投じました。

 

それは今後、利潤を最大化するためにカネを
モノに割り振った・代替したということです。

 

最初は僕もニート時代にアフィリエイトを始めた
ため、お金なんかありませんでした。

 

それでもアルバイトや学生団体運営という手段で労働力を
お金に代替し、きちんとアフィリエイトをする上で適切な
機械(ツール)等にも分配をしたために稼ぐことがで
きています。

 

「無料では稼げないことに早く気づきましょう!!」

と言っている起業家やアフィリエイターはたくさんいますが、
なぜ無理なのかを資本主義というルールの視点から説明
している人を見たことがなかったので説明してみました。

月収100万円プレイヤーを多数輩出している、僕が制作したネットビジネス初心者向けの教科書『Net business navigation』が期間限定で無料で全てダウンロードできます。詳しくはこちら↓

このエントリーをはてなブックマークに追加