paypalの使い方【7分で導入!】

今回は7分でできる!ネットでの決済サービスpaypalの導入から使い方までをお教えします。

 

 

ペイパル導入から使い方の動画講義

paypalホームページ
https://www.paypal.jp/jp/home/

 

paypal導入方法

 

1.paypalのホームページにアクセスし、右上にある「新規登録」をクリックします。

paypal1

 

 

2.商品を販売する場合、ビジネスアカウントが必要になるので
ビジネスの「今すぐ登録」をクリックします。

paypal2

 

 

3.ビジネスアカウントの登録画面に必要事項を記入していきます。
(任意と書かれている部分に関しては埋めなくて結構です。)

paypal3

 

※法人も個人事業主でもない方は事業タイプは「個人事業主」
を選択し、社名・組織名は好きな名前を入れてください。

 

全て埋めたら一番下の「続行」をクリックします。

paypal4

 

 

4.次にメールアカウントやパスワードを設定する画面になるので
必要事項を埋めていきます。

paypal5

 

 

必要事項を埋めたら下の画像の青枠で囲ってある
チェックボックスにチェックを入れ「同意して続行」をクリックします。

paypal6

 

ここまで完了すると、今入力したメールアドレスにpaypalから
メールが届いているのでメールボックスを確認してください。

 

※2通メールが届いているので「メールアドレスを確認して
決済サービスを選択してください」と書かれている方を開きます。

 

 

5.ペイパルから届いたメールを開き、「メールアドレスを確認」をクリックします。

paypal7

 

 

6.パスワード入力画面になるので先程設定したパスワードを
ここで入力して、「ログイン」をクリックします。

paypal8

 

 

これでpaypalの管理画面にログインできます。
管理画面で以下の3つの手続きをするとpaypal決済で
商品を販売できるようになります。

 

■銀行口座の登録

商品の売り上げをpaypalから振り込んでもらうためのあなたの銀行
口座を登録しておかなくてはいけません。

 

paypalでの銀行口座の登録方法に関しては動画で解説しております。

 

■クレジットカードの登録

あなたのクレジットカードの情報をpaypalに認証させる作業を
しないとpaypal決済は使えません。

 

この設定をするとpaypalから200円の請求があなたのクレジットカードに
きますが、認証作業が終わり次第、200円は返金されます。

 

paypalでのクレジットカードの登録方法に関しては動画で解説しており
ます。

 

■本人確認

以前は本人確認なしで使えたようですが、現在は本人確認が
必須となっていてます。

 

paypalでの本人確認では身分証明書のアップロードをしなくては
ならないので動画に従って身分確認書類をアップロードしてください。

 

ちなみに運転免許証だとガス代、電気代などの支払い明細なし
でいいので僕は運転免許証をスマホで両面撮ってアップロードしました。

 

本人確認書類が審査に通ると5日ぐらいであなたの住所にpaypalから
簡易書留でコードが届くのでそのコードをpaypalに認証させます。

 

これらの作業は動画で実際にやりながら解説していますので
是非ご覧下さい。

 

 

銀行口座、クレジットカードの登録、本人確認が完了すれば
paypal決済が使えるようになります。

 

ではここからはpaypalの購入ボタンの作り方や値段設定
などをお教えしていきます。

 

paypalの使い方

1paypal管理画面の「決済サービス」をクリックします。

paypal10

 

 

2.左サイドバーから任意の決済サービスを選びます。
(とりあえずウェブペイメントスタンダードにしておけばOKです。)

paypal11

 

 

3.支払いボタンを作成します。一括払いの場合は「今すぐ購入」ボタンを
作ってください。分割払いの場合は「購読」ボタンを作ればOKです。

paypal12

 

 

4.では単一商品の一括払いの決済ボタンを作ってみましょう。
下記の「今すぐ作る」をクリックします。

paypal13

 

 

5.商品名と価格を入力してください。

paypal14

 

ボタンのカスタマイズのチェックボックスや税率の設定
などは任意で行ってください。

 

商品名価格・その他詳細を入力したら下にある「ボタンを作成」をクリックします。

paypal15

 

 

7.HTMLコードが表示されるのであなたのウェブサイトやセールスレター、
販売ページの任意の場所に貼り付けてください。

paypal16

 

 

自分で作ったオリジナルのボタンを使いたい場合はメールアドレス
用のHTMLコードを発行してボタン画像にリンクを仕込めばOKです。

 

 

以上でpaypal決済を使ってあなたの商品・サービスをネット上で
販売していくことが可能になりました。

 

今回の動画を参考にpaypalを導入すればネットを使った輸入転売や
独自ネットショップなんかも簡単に行うことができるようになります。

 

また、独自の商材を作って売りたいけれど決済をどうやるか分からない
という方はpaypalを使っていけば間違いないでしょう。

 

電子商材の場合、ダウンロードマーケットなんかも決済代行して
くれますが15%手数料がかかります。

 

それと比較するとpaypalの場合、3.6%+40円しか手数料がかか
りません。

 

もっと決済の手数料が低いサービスもあるのですが、そういうところ
は導入の際に高い費用がかかります。

 

ですから、現時点での決済サービスはpaypalが一番おすすめです。

 

paypalのカスタマーセンターの対応も神対応ですしね。
(参考:paypalのカスタマーセンターの神対応)

当ブログからの無料プレゼントはこちら
バナー

いかがだったでしょうか?参考になれば幸いです

当記事を気に入って頂けましたら、ソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加