メルマガアフィリエイトでは本名や住所を開示する必要があるのか?

副業をしていることが会社にバレるとやばい、そんな人はできれば本名や住所はネット上に開示したくないと思います。今回はメルマガアフィリエイトをする際に、本名や住所の開示が必要なのか?についてお教えしていきます。

メルマガの発行には特電法という法律が適用される

メルマガを発行する人は特電法という
法律に従う必要があります。

 

これはメルマガをただ単に趣味で発行する場合
でも、メルマガアフィリエイトを行う場合でも等しく
従う必要があります。

 

特電法によれば電子メール発行者は
「本名・住所・メールアドレスたは電話番号」
の表記が必要です。

 

つまり…

メルマガアフィリエイトでは本名と住所の開示が必要

メルマガアフィリエイトを実践する際にはステップメール
も一括配信メールにも本名住所、発行者メールアドレス
を必ず記載しましょう。

 

あるいはサイトに特電法に従って本名、住所、メールアドレス
を記載したページを作っておいてメルマガにそのページへの
リンクを載せてもOKです。

 
しかし、

堅い会社のサラリーマンで副業が禁止されていて、
メルマガアフィリエイトを会社にバレずにやりたいから
本名や住所は出したくない、というかたも多いです。

 

メルマガアフィリエイトで本名や氏名を開示したくない場合

本来、先に述べたとおりメルマガを発行するので
あれば必ず特電法に従って本名や住所の記載が
必要になります。

 

が、やむおえざる事情(というかほとんどが会社や周りに
アフィリエイトをやっていることをバレたくないという事情)で
本名や住所を開示するのが嫌だと言う人は親族の名義
使っている場合が多いようですね。

 

例えば特電法の義務表記に妻の名前を借りたり、
親の名前を借りたりということです。

 

メルマガでの情報販売の場合は特商法が適用される

メルマガでアフィリエイトをする場合は
広告を紹介している形になります。

 

この場合は特電法が適用されるのですが
メルマガで独自で作成した商材を販売する場合は
販売者としての責任を規定する特商法という
別の法律が適用されます。

 

紛らわしいですが、メルマガアフィリエイトを行う
際はしっかりと理解しておきましょう。

 

ビジネスをする上で、法律すら守れない人は、
お客様との約束なんて守れるはずがないし、
それゆえ信頼もされないですから。

当ブログからの無料プレゼントはこちら
バナー

いかがだったでしょうか?参考になれば幸いです

当記事を気に入って頂けましたら、ソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加