googleアドセンスのクリック単価が1円に下がる原因と理由

アドセンスを設置したブログを運営しているとなぜか、1円単位の報酬が入ってきたというケースの原因・理由をお教えします。

o128009601332039847279

Googleアドセンス広告のクリック単価(CPC)
って平均で30円前後と言われています。

 

平均30円なので1円の報酬もあれば、100円
の報酬もありその平均が30円ということです。

 

が、明らかにアドセンス広告のクリック報酬1円、
が多くなるケースが存在します。

 

そのような場合は以下の原因が考えられます。

 Googleアドセンスのクリック単価が1円に下がる2つの原因

アドセンス広告表示回数ごとの報酬と勘違い

これはクリック報酬が1円に下がってしまうと
言うわけではないのですが、クリック単価が
1円に下がってしまったと思っている人に多い
ケースなので紹介しておきます。

 

Googleアドセンスにはクリックによる収益と
表示(ビュー)による収益があります。

 

つまりGoogleアドセンスはクリック報酬に加えて、
一定の表示回数ごとに報酬がもらえるということです。

 

この表示回数ごとの報酬は1円単位ですので存在を
知らないと『あれ、なんかアドセンスのクリック報酬が1円
しか出なかったのかな?』と勘違いしてしまいます。

 

無効クリック

Googleはアドセンス広告の無価値なクリック
を無効とすることがあります。

 

無効クリック判定された場合はアドセンスの
クリック報酬が0円や1円となってしまいます。

 

無価値なクリックと判断されるのは、規約に違反
している『自己クリック』だけではありません。

【無効クリックと判断されるケース】

意図しないクリックを誘発して押させたケース

自分で押した、知人に頼んでクリックしたケース

ツール・ロボットでクリックしたケース

クリック後のユーザーが即離脱するケース

 

上記4つのケースのうち、上から
3つは気をつけることができます。

 

が、

結構、まじめにアドセンスを運用していても
ユーザーがアドセンス広告クリック後、離脱
してしまうケースに関しては避けようがないです。

 

個人的な感覚ではSNS(特にTwitter)から流入した
ユーザーが多いと1円報酬が多くなる気がします。

 

アドセンス広告はクリック型なので広告先の
商品をユーザーが成約させなくても報酬は出ます。

 

しかし、ユーザーが広告先の商品を成約させない
場合、次回以降のクリック単価が下がる可能性が
あります。

 

Twitter経由のユーザーって本当に商品買ったり
資料請求したりといったことをしないですからそれが
原因でクリック単価が下がるんでしょうね。

 

対策としてはSNSのバイラルだけに依存しない
コンテンツ(記事)作りが必須だと考えています。

 

というわけでアドセンス広告のクリック単価が1円に
下がる原因は以上です。

こちらの記事でアドセンス広告のクリック単価が
1円ではないにしろ急激に下がったケースと対処
法を紹介しています。

参考記事:googleアドセンスのクリック単価cpcが急激に下がったり低い場合に上げる方法

当ブログからの無料プレゼントはこちら
バナー

いかがだったでしょうか?参考になれば幸いです

当記事を気に入って頂けましたら、ソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加