おすすめツール

yahoo関連キーワードサーチunit searchの使い方

ブログの記事ネタやブログタイトルを決定する際にアクセスの集まりやすいキーワードを選ぶためにunit serachを使っていく方法を紹介します。 unit search   サイトアフィリエイトやトレンドサイト運営などネット ビジネスをする上で、サイトにどれだけの人数を 集客できるかが収益の鍵となります。   サイトにたくさん の人数を集客するにはたくさんの人が 検索するであろうワードを盛り込んだ記事を書く必要があります。   そうすることでたくさんの人が検索するワードで 検索結果として表示させることができるからです。   たくさんの人が検索している関連ワードを 調べるにはUNITSERCHが便利です。 今回は動画でUNIT SERCHの使い方を紹介します。

Unit searchの使い方 動画解説

 UNITSEARCH

unit searchとは

unit searchとはヤフー(yahoo)が提供している 関連キーワード把握ツールです。   「ポケモン」という言葉をunit searchに入れると ポケモンという言葉と合わせて検索されている 関連キーワードをunit searchが教えてくれます。

unit searchをアフィリエイトにどう使っていくか

UNIT SEARCHを使って関連キーワードの需要を 調べる目的は「キーワードの需要」を調べることです。   需要の高いキーワードで記事を書く⇒需要の高い記事ができる⇒たくさん人が集まる という流れを作るためには UNIT SEARCHは非常に重要なツールです。   また商品を売るために「商品名」だけで 記事を書くと競合する記事数が多すぎます。   例えば商品名「ポケモンXY」のみの場合、 検索結果記事数は4050000件あります。 unit serch 対して商品名+関連ワード「ポケモンXY+予約」 だと検索結果記事数は1390000件です。 unit serch つまり「商品名+関連キーワード」とすることで 競合する記事を1/4に減らすことができました。   商品名だけの記事で上位表示させることは通常かなり 困難であるため、このように関連キーワードを複合させ る必要があるのです。   また「ポケモンXY+予約」でgoogle検索してくるのは 明らかにポケモンXYを買う気満々の層ですよね。   ここでポケモンXYを主キーワードといい、「+○○」の部分、 つまり「予約」というキーワードを副キーワードといいます。   購買意欲の高い副キーワードで絞り込むことで少ない アクセスでも報酬の出る濃いアクセスを集めることが できます。   また、需要の高い記事を検索エンジンで上位表示させる ためにはSEO対策が必須です。   SEO対策についてはその意味から、実際に どうすればいいかなど別途こちらの記事にまとめました (⇒SEO対策で検索エンジン上位表示させる方法

著者プロフィール

keishi
1988年生まれ/早稲田大学社会科学部卒

好き:無印良品、mac、ラッコ、シンプルで上質なモノ。

嫌い:目覚まし時計、しいたけ、体育会系ノリ。

『就職したくない。。。ってか、朝早く起きれない。』

そんな思いで、就活で挫折していた、2013年の5月(25歳のとき)に0からPC1台、ネットビジネスを始めたのがきっかけ。

現在はビジネスコミュニティの運営、Webマーケティング、アフィリエイト、コンサル、などの活動が中心。

【実績】
2013/5 :ネットビジネス開始
2014/7 :月収100万円達成(プロモーション)
2015/2 :月収200万円達成(プロモーション)
2015/9 :月収1600万円達成(プロモーション)
2016/1 :月収200万円達成(自動化)
2016/9 :月収3000万円達成(プロモーション)
2017/2 :月収400万円達成(自動化)
2017/10:月収4900万円達成(プロモーション)

“1台のPC以外、持たない小さな起業という働き方を通して、心地のよいくらしを創る”ことを発信しています。

1台のPC以外、持たない小さな起業という働き方を0から実現するための教科書&メルマガの購読者は1万人を突破。

1台のPC以外持たずに、自由に働く月収100万円プレイヤーを多数輩出している、keishiが制作した小さな起業実践のための初心者向けの教科書『Net business navigation』が期間限定で無料で全てダウンロードできます。詳しくはこちら↓

期間限定ですので、興味があればこちらから今すぐご登録頂くことをおすすめします。