録音ソフトAudacityの使い方【mp3も作れる】

どうもkeishiです。今回はmp3音声ファイルをフリーソフトAudacityで作成する方法を紹介します。無料でできますのでコンテンツを作成する際、よかったら参考にしてみてください。

録音ソフトAudacityの使い方 動画

 

audacityダウンロードはこちら
http://audacity.sourceforge.net/?lang=ja

mp3に変換するためのファイルダウンロードはこちら
http://www.xucker.jpn.org/pc/audacity_mp3.html

 

audacityの使い方とmp3保存について

audacityを使うことで音声対談や音声コンテンツを
無料で作っていくことが可能です。

 

また本来MP3ファイルには変換できないソフトなのですが、
動画内で指示したように先に指示したサイトからmp3変換ファイル
をダウンロードし、使うことでMP3で書き出し、保存する事が可能です。

 

※audacityでのmp3の保存方法、書き出し方が分からないという方は
ぜひ動画を参考にしてください。

 

コンテンツを何で作るのか?

PDFファイルもMP3ファイルも画像ファイルもあなたの知識や
情報を伝えるための手段でしかありません。

 

例えば「美味しい焼肉屋で食べた牛肉の情報」をみんなに
伝えたいなら画像を使って行くべきですよね。

 

ですので、自分の伝えたい情報や知識が音声で伝えたほうが
伝わりやすいのか?文章やPDFで伝えたほうが伝わりやすいのか?
動画の方が…と徹底して情報を受け取る側の気持ちになって考えて、
その上で「音声という手段が一番適切だ」と判断した場合、Audacityを
使ってコンテンツを作っていくといいでしょう。

 

何でもかんでも音声で作るとか何でもかんでもPDFで作るとか
1つの手段にこだわるのではなく情報の受け取り手が一番
理解しやすい形式を常に考える
、ことを意識してください。

 

言い換えると「徹底した顧客目線」ということです。

 

当ブログからの無料プレゼントはこちら
バナー

いかがだったでしょうか?参考になれば幸いです

当記事を気に入って頂けましたら、ソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加