ワードプレス目次作成プラグインTable of Contents Plusの設定と使い方

今回はワードプレスで目次を自動で作成してくれるプラグインTable of Contents Plusの導入・設定と使い方についてお教えします。

 

table of contents plus

 

 ワードプレス目次作成プラグインTable of Contents Plusの導入

1.ワードプレス管理画面左サイドメニュープラグイン>新規追加 を選択

プラグイン

 

2.プラグインのインストール画面で検索部分にTable of Contents Plus と打ち込みプラグインの検索を選択します。

プラグイン1

 

3.今すぐインストールを選択します。

プラグイン2

 

これでTable of Contents Plusのインストールは完了です。

 

4.プラグインの有効化を選択します。

プラグイン3

 

プラグイン4

 

ここから設定を行っていきます。

 

 

 ワードプレス目次作成プラグインTable of Contents Plusの設定

5.ワードプレス管理画面左サイドメニュー設定>TOC+を選択します。

プラグイン5

 

6.Table of Contents Plusの設定をしていきます。

プラグイン6

position:目次の位置のことです。

before first heading(最初の見出しの前)

after first heading(最初の見出しの後)

top(記事の一番上)

bottom(記事の一番下)

 

show when:いつ、目次を表示させるのか(目次の表示条件)

例えばshow whenの数値を4に設定すると見出しが4個以上
存在する記事に、自動的に目次が生成されます。

 

auto insert for the following contents types:表示させる記事の種類

post(通常の記事)

page(固定ページ)

wpcf7_contact_form(コンタクトフォーム)

 

heading text:見出し文言の設定 「目次」と入力しておきましょう。

 

 

プラグイン7 Show hierarchy:目次の階層を表示するかどうか

Number list items:目次に番号を付けるかどうか

Enable smooth scroll effect:なめらかなスクロールを有効にするかどうか

 

上記3つは全てチェックを入れておくと良いでしょう。

 

 

プラグイン8 Width:目次の横幅

Wrapping:表示位置

Font size:文字の大きさ

Presentation:目次のデザイン

 

7.全て設定が完了したらUpdate Optionを選択して
設定を保存すれば完了です。

 

 

Table of Contents Plusを導入しておけば記事内の見出し
に従って自動で目次が生成されます。

 

目次を表示させたい人はぜひ、今回の記事を参考に
Table of Contents Plusを導入してみてください。

 

当ブログからの無料プレゼントはこちら
バナー

いかがだったでしょうか?参考になれば幸いです

当記事を気に入って頂けましたら、ソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加