【学歴ロンダリング】東大卒の肩書きを簡単に手に入れる方法

日本最高峰と言われている東京大学ですが、通常の受験ルート以外に実は意外と簡単に東大に入る方法があります。

 

東大

僕の大学時代の友人も知っている限り3人、今回紹介するいわゆる
学歴ロンダリングで東京大学大学院卒という肩書きを手に入れました。

 

学歴ロンダリングとは

大学から大学院進学の際によりレベルの高い大学院に進学する
ことを学歴ロンダリングと言います。

 

ロンダリングって言葉はなんとなくネガティブなイメージがありますが
学歴を偽るとかではなく、学歴ロンダリングは正規のルートでレベルの
高い大学院に進学することなので一応悪いことではないです。

 

世間的に低レベルと言われるような大学に行っていたとしても東大の
大学院に受かってしまえば最終学歴:東大大学院卒と履歴書にかける
ので肩書きをつけるために受験する人が結構多いのです。

 

大学受験で東大を受験する場合は7科目必要なのですが、
東大大学院の場合、学科によっては英語と数学の2科目+小論文
のみで受けられます。

 

加えて記念受験を除けば実質的な倍率は2倍弱と言われています。

 

そういった事情が有り、東大に学歴ロンダリングした友人曰く、
大学受験で東大に受かるよりも東大の大学院に受かる方が
ずっと簡単らしいです。

 

確かにその友人と僕は一時期週7で、六本木オールというアホみたい
なことをしていて,遊ぶ前に2時間ぐらいマクドナルドで試験勉強する
って感じの生活習慣で受かったいたのであながち”大学受験で東大に
受かるよりも東大の大学院に受かる方がずっと簡単”という友人の主張
は間違っていないのだと思います。

 

学歴ロンダリングは肩書き・実績を付けるための建設的投資

学歴ロンダリングは投資という観点から考えて非常に
優れていると僕は思います。

 

よく、

 

「東大卒っていう肩書きを得るためだけに東大の大学院に
行く奴はクソだ、不純だ」

 

みたいなことを言う人がいますが、東大に学歴ロンダリング
した人って僕の友人もそうですが、動機は不純でも、少なくても1日
2〜3時間の勉強と学費300万円ぐらいは投資しているわけです。

 

時間とお金をきちんと投資の結果、肩書きを勝ち取っているわけ
ですから僕は素晴らしい戦略だと思います。

 

人によっては就活でこの肩書きが試験にかけた時間や学費の
何倍もの価値を生み出すわけですから。

 

就活面接でなんだかんだ肩書きや実績を評価対象にしている
んだからそれに合わせてより良い肩書き・実績を作るのは当然
の戦略です。

 

相手が欲している肩書きや実績を身につける努力をする

今回学歴ロンダリングについて執筆しましたが、僕が伝えた
かったのはビジネスにおいて相手が欲している肩書き・実績を
身につけるという姿勢です。

 

ビジネスにおいて、消費者は商品の肩書きや実績を気にします。

 

・どれくらい売れているのか

・どれくらいの人が満足しているのか

・有名なメーカーが出しているのか

 

僕も色々な肩書きや実績をもとに購入判断をすることが
多々あります。

 

特にネットビジネスにおいては購入時には商品を手にとって
見ることができないわけですから消費者の多くが肩書きや実績で
判断します。

 

情報発信(メルマガ)で稼ぐ人や医者、弁護士税理士などの
商品は究極的には”その人自身”ですから個人の実績や肩書き
が重要になります。

 

例えば僕がもしも胃ガンだとしたら、胃がんの権威と呼ばれている人や
胃がんの患者を○○名も治してきましたという実績がある医者に手術を
お願いしたいと思うでしょう。

 

ネットビジネスで稼ぎたい人も実際に稼いでいる、稼がせているという
実績がある人に指導・コンサルしてもらいたいなと思うでしょう。

 

ネットビジネスで爆発的に稼ぐのであれば最終的にはコンサル(をする側)
や稼ぐ系塾の運営を視野に入れていくことになると思います。

 

その時に実績が必要になります。あなたが稼いだという実績やあなたが
稼がせたという実績です。

 

あなたに実績があればお客さんが数ある塾の中からあなたの塾を選ぶ
確率、あなたのコンサルを受ける確率がグッと上がるので。

 

つまり将来的にネットビジネスで大きく稼ぎたいなら、今やるべきことは
自分がネットビジネスで稼いだ、あるいは稼がせたという実績を作ることです。

 

あなたがネットビジネス初心者、あるいはリアルビジネスで駆け出しだ
というのであればまずは実績を作ることに全神経を集中、全資源を投入する
といいと思います。

 

当ブログからの無料プレゼントはこちら
バナー

いかがだったでしょうか?参考になれば幸いです

当記事を気に入って頂けましたら、ソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加