仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか

山本ケイイチという方の書いた本で「仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか」という本がありますが、今回は僕独自の解釈なのでその本とは全く関係ありませんのであしからず。

マッチョ

サラリーマンや僕のようにPCを使ってネットビジネスをしているような
デスクワーカーは、毎日机に向かって作業をするわけですから体力的
にはあまり疲れません。

 

デスクワーカーは仕事をしても体力HP(ヒットポイント)がほとんど
減らないということです。

 

デスクワーカーの仕事後の体力HP|———|
こんな感じ。

 

例えば工事現場の作業員やとび職などの肉体労働者であれば
仕事をしたあとに体力HPがだいぶ減ります。

 

肉体労働者の仕事後の体力HP|——–|

 

で、体力HPってのは基本的に休息・睡眠をとることで
回復します。

 

ドラクエで宿屋に泊まればHPが全回復するのと同じです。

 

十分な休息・睡眠後の体力HPは以下のように全回復します。

デスクワーカーのの体力HP |———-|
肉体労働者の体力HP        |———-|

 

ドラクエでは体力を表すHPと魔法を使うためのMPがありますが、
我々は現実世界では魔法が使えないのでMPはありません。

 

その代わり現実世界には精神力のHPがあります。

 

上司に怒られたり、頭脳労働、勉強をしたりすると徐々に
我々はこの精神力HPが磨り減っていきます。

 

つまり頭脳労働が主なデスクワーカー・ネットビジネス実践者
は仕事をしたあと、

デスクワーカーの仕事後の体力HP     |———|
デスクワーカーの仕事後の精神力HP |———-|

といった感じになるわけです。

 

体力HPを大量に消耗するとクタクタになりますが、
精神力HPを大量に消耗するとイライラになります。

 

そして体力HPは0になると動けなくて作業・仕事ができませんが、
精神力HPが0になってもストレスで集中力・モチベが喪失し同じく
作業仕事ができません。

 

我々は体力HPばかりを気にかけますが本当に向き合って、
コントロールしてかなければならないのは精神力HPの方です。

 

というのも体力HPは休息を取り寝れば回復するのですが、
精神力HPは実は寝てもあまり回復しないのです。

 

つまり頭脳労働や勉強をしていくとどんどん精神力HPを
消耗し、寝ても回復しないため日々徐々にダメージが蓄積
していきます。

 

特に体力HPと精神力HPに著しくギャップがある状態、例えば
体力HPは全開なのに精神力HPはすり減りまくっているという
時は毒状態のようにどんどん精神力HPが減っていきます。

 

例えば仕事で精神的には疲れたのに体力が有り余っているから
夜寝つけなくてさらにストレスが溜まるというのが今述べた状態
です。

 

改善しないとどんどん集中力・モチベが落ちていくわけです。

 

では、どうしたら精神力HPを回復させられるのでしょうか?
今回の記事タイトルから答えをぜひ予想してみてください…

 

勘のいい人はわかったかもですが、
体力HPをあえて消費することで精神力HPは回復するのです。

 

だから仕事が出来る人は体を動かす筋トレをしています、
本人がそういった事情を把握しているかどうかは知りませんが。

 

デスクワークで精神力が磨り減ったあとにはジムで筋トレを
して同じレベルまで体力を消耗する…

 

こうして体力と精神力のギャップを埋まった状態でのみ
休息・睡眠によって体力とともに精神力が回復します。

 

心(精神)と体はつながっているのです。

 

心(精神)をコントロールするために体を
コントロールする必要があります。

 

お笑い芸人はネタ作り等、典型的な頭脳労働だと
思いますが、テレビで活躍しているお笑い芸人を3人
ぐらい頭に思い浮かべてみてください。

 

僕は明石家さんま、松本人志、千原ジュニアがなぜか思い
浮かびましたが、千原ジュニアはボクシング、さんまはジム
通い、まっちゃんに至ってはムッキムキと全員体を動かしています。

 

頭脳労働のビジネスで第一線で活躍し続けるためにうまく精神力HP
をコントロールする術として本能的に気づいたのかもしれませんね。

 

ネットビジネスにおいて不安・ストレス・モチベ不足に悩んでいる方は
精神力がプッツリ逝ってしまわぬよう、運動する習慣を取り入れること
をおすすめします。

 

PS.欧米ではデブは絶対出世できないと言われますが、今回述べたように
体と心はつながっていますから体をコントロールできない人は心・精神
(集中力やモチベ)をコントロールできないという結論に至るわけです。

 

 

 

当ブログからの無料プレゼントはこちら
バナー

いかがだったでしょうか?参考になれば幸いです

当記事を気に入って頂けましたら、ソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加