童貞を救う恋愛学×ナンパ師のテクニック

今回は童貞を救う恋愛学とナンパ師のテクニック、この2本をどうやってビジネスに活かすのかについてお話します。

 

 

童貞を救う大人の恋愛学

今回はかつて僕が友人の童貞卒業に貢献した
出来事の話をします。

 

あなた自身でこの話を抽象化しながら
自分のビジネスに活かせないかを考えながら
読むと何か得るものがあるかもしれません。

 

実際の出来事を一段階、抽象度を上げて考える
癖を身につけると、あらゆる出来事がビジネス
の役に立つようになります。

 

さて、
大人の恋愛、男性であれば女性と出会い、
自分の魅力を伝え、説得してホテルにイン。

 

いや、
ホテルにインしなくて健全にお付き合いでも
いいのですが、僕が言いたいのは以下のフェイズ
に分かれているということです。

 

1.出会う(入口)

2.自分の魅力を伝える、説得(出口への誘導)

3.ホテル、お付き合い(出口)

 

という流れです。

 

これはネットビジネスで言えば

1.集客(入口)

2.コンテンツや記事で商品の魅力を伝える(出口への誘導)

3.商品販売、アフィリ、メルマガ登録(出口)

 

こんな感じです。

 

彼女ができないとか、女性関係に悩む場合は
3つのどこかに問題があります。

 

稼げないという人も上記3つのどこかに
問題ありです。

 

大学時代の友人で童 貞であることを悩んでいる
友人がいました。

 

彼は人あたりも良く、素晴らしい人間だったの
で、なぜ彼女ができないのか僕は疑問に思い
色々と聞き込んだことを覚えています。

 

その結果、彼は1、つまり出会い【入口】が圧倒的に
ないという問題を抱えているように思えました。

 

早稲田大学は生徒が多い=出会いも多いと
思われがちですが、実際はサークルに入らなければ
大学内での異性との出会いどころか友人を作ること
すら非常に難しくなります。

 

その友人はサークルに入りそびれていたらしく、
大学内での出会いは絶望的でした。

 

加えて大学生が彼女を作る場所っぽいランキング
第1位であるバイト先も同年代の女性のいない場所
だったそうです。

 

こうなってくると能動的に動かないと女の
子に出会うということは極めて難しいです。

 

逆に言えばこういう状況でも能動的に『入口』
を増やす努力をすればいくらでも出会えます。

 

彼は、ほとんど家で寝ていて授業をサボっていた僕に
なんの見返りも求めず、必死に取ったノートをいつも
テスト前に貸してくれていました。

 

僕はせめてもの恩返しでそんな彼の「彼女が欲しい」
という一番の悩みを解決してあげたいと思い色々と
入口を増やす術を教えていきました。

 

恋愛における入口、つまり出会いを増やすには
とにかく様々な出会いの場に出向くことです。

 

合コン、ストリートナ ンパ、街コン、サークル、
スポーツバー、クラブ、大学の学園祭…

 

これらは能動的に動けばいくらでも出会い、入口
を増やすことができます。

 

注意が必要なのは、単に入口を増やせばいいのではなく、
出口に沿った入口を増やす必要があります。

 

例えばゲームソフトをアフィリエイトしたいとします。
つまりゲームの成約を出口に設定したのであれば、集客(入口)
ではゲームに興味がある人を集めるほうが効率がいいです。

 

僕の友人の場合は「お付き合いしてもらう」が出口
だったので、それに合わせた入口をとにかく増やすよう
アドバイスしていきました。

 

というのも彼氏が必要ないと思っている人間との出会い
(入口)を増やしてもゴールであるお付き合い(出口)には
なかなかたどり着けません。

 

出口を踏まえて効率的なのは

~~~~~~~~~~~~~
入口ランク

S 合コン、友人の紹介

A 街コン、サークル、
スポーツバー、クラブ

B ストリートナ ンパ
~~~~~~~~~~~~~

という感じでしょう。

 

ストリートナ ンパ、つまり道でナ ンパする場合
、歩行者は彼氏が欲しい人、欲しくない人が混ざって
いるわけですのでここでひたすら声をかけるというのは
出口を考えればあまり効率的ではありません。

 

ただし、
プロファイリングスキル、歩行スピードや服装、
髪の手入れ具合などでイケるイケないを判断する
技術を身につければ効率的にストリートでも出会い
を増やすことができるのでAクラス入りします。

 

これはビジネスにおいても同じことが言えます。

 

一見して雑多な属性しか集められない集客方法でも
その属性から自分のビジネスの見込み客を意図的に
抽出できるスキルを身につけると一気に使える集客
方法になります。

 

~~~~~~~~~~~~~~
Webビジネスにおける入口(集客)の一般的なランク

S セミナー、問い合わせのあった読者

A SEO、広告、SNS

B 無料レポートスタンド

~~~~~~~~~~~~~~

 

SNSに関しては雑多な属性から自分のビジネスの見込み客を
意図的に抽出できるスキルや出口誘導における教育スキル
を持っていればA〜Sランク入りしますし、なければCランクです。

 

さて、話を元に戻します。

 

僕は最初、友人が彼女を作るのに最も効率的なのは
『合コン、友人の紹介』だと思ったので僕が合コン
を組んだり、女の子を紹介すれば解決すると考えていました。

 

実際別の友人と協力して週5で合コンをセッティングしたり、
自律して入口を獲得するあらゆる術を継承しました。

 

で、ある程度入口の問題は解決しました。

 

女性の連絡先は母親ぐらいしかいなかった友人の
LINEの連絡先には50件以上の女性が加わり、新たな
連絡先も自分の力で手に入れられるようになりました。

 

しかし、彼は相変わらず童貞だったのです笑

 

彼女ができない場合は以下のいづれかに
問題があると言いました。

=====================

1.出会う(入口)←解決!!

2.自分の魅力を伝える、説得(出口への誘導)

3.ホテル、お付き合い(出口)

=====================

 

つまりその段階で2か3に問題があることが
浮き彫りになったのです。

 

出会いさえあれば彼女が出来ると思っていた
彼は絶望します笑

 

僕も絶望します笑
(途中からわかっていましたが。)

 

これビジネスのコンサルをしていてもよく
あるんですよ。

 

自分の商品は良いものだから集客さえできれ
ば売れる!!と思って実際に僕のコンサルやコンテンツ
で集客の問題が解決してもまだ売れないみたいな。

 

例えば成約型アフィリで言えばアクセスが少なくて
稼げないと思っていたけどアクセスが増えてきても
成約がでないという人が結構います。

 

出会いがあるのに彼女ができない、集客できているのに
売れないという場合は出口誘導か出口を見直すべきです。

 

ビジネスにおいては出口で商品を売り込みますが、
恋愛においては出口で自分を売り込みます。

 

俺を買ってくれ!!(付き合ってくれ、受け入れてくれ)
とオファーするのです笑

 

そのためには出口誘導において商品(自分)の価値・魅力
を高め、伝える必要があります。

 

僕は彼には【出口誘導】におけるスキル・ノウハウが
欠落していることに徐々に気づきました。

 

実際、合コンでも女性を口説くどころか会話もたどたど
しかったし何よりも彼の会話の中では彼の魅力・価値が
全く伝わっていなかったのです。

 

ネットビジネスでは商品の魅力・価値をより高く感じて
もらうためにブランディングを学び、その価値を伝える
ために文章(コピーライティング)スキルを磨きます。

 

一方恋愛でも自分の価値や魅力をより高く感じて
もらうためにブランディングし、価値や魅力を伝える
ためにおしゃべりのスキルを磨いていく必要があります。

 

彼にはブランディングスキルとおしゃべりスキルが
欠けていたため、彼自身に高い価値・魅力を感じて
もらえなかったのです。

 

これらのスキルを僕と別の友人が彼に徹底的に叩き
込み、彼女ができるどころか、想像をはるかに超える
超絶モテ男になったのはまた別のお話です。

 

さて、恋愛もビジネスも抽象度を高めれば全く同じ
フレームで出来ていることが多少伝わったかと思います。

 

そして必要なスキルも同じです。

 

恋愛を学べばビジネスを学べる的なことが
言われているのは一段抽象すると同じだからです。

 

ナンパ師の声かけテクニック

一流のナ ンパ師はどういう声かけをしているのか、
大別すると2つに分かれます。

 

相手の役に立つ声かけor面白い声かけのどちらかです。
あるいは両方。

 

ビジネス用語で言えば機能的価値(役立つ)or
感情的価値(面白い)です。

 

我々がブログにアクセスを集める際、つまり集客(入口)
において読者が役立つor読者が面白いと思う記事を
意識してタイトルを付けますよね?

 

ナ ンパ師も入口段階で相手が役立つor面白いと思う
声かけを行っているのです。

 

【役に立つ】

ナ ンパ師はときに相手の役に立つ声かけ
を行います。

 

例えば周りをキョロキョロしている女性に
対して「何か探しているんですか?」という
声掛けがこれに相当します。

 

そして○○という店を探しているが見つからない
と言われれば「ちょうど僕もその近くに行く用事
があるので一緒にいきましょう」と展開していきます。

 

これで入口の出会いは作れますし、先にGiveして
おくと自分のオファーに対してYesをもらいやすくなります。

 

あるいは駅で傘がなくて立ち止まっている女性に
話しかけて「方向一緒なんで入っていきますか?」
みたいなのも役立つ声掛けです。

 

カラオケに入ろうとしている女性に
「奢るから一緒に歌おう」というのも
役立つ声かけですね。

 

【面白い】

ナ ンパ師はときに相手が面白いと思うような
声かけを行います。

 

naverまとめに面白いナ ンパのまとめがあったので
興味がある方はこれを参考にするといいと思います。

http://matome.naver.jp/odai/2137319397882516001

 

さて、
僕は%%name%%さんにナ ンパ上達法を知ってもらいたい
わけではありません。

 

ビジネスだろうが恋愛だろうが一段抽象すると同じ
だということ、一段抽象できれば別のジャンルから
も確実に学びがあるということを知ってもらいたいのです。

 

一流の集客も一流のナ ンパも一段階抽象すると
「先に価値(機能的価値と感情的価値)を提供する」
という点において全く共通しています。

 

ブログであれば相手の役立つor面白いと思わせる
タイトルを付けるところが入口の初期段階ですから。

 

ナンパ師は役に立つからついていく、面白いからついて
いくという動機付けがうまいです。

 

集客に成功しているブロガーは役に立つから読む、面白い
から読むという動機付けがうまいのです。

 

一段抽象すると同じになることがだんだん理解できて
きましたか?

 

全て、本質は同じですから。

 

高校時代、僕は英語(語学)と化学と心理学は全く
別のものだと思っていました。

 

しかし一段抽象して考えるとマクロでは同じなのです。

 

語学は言葉で世界の全ての現象を表現・解明する学問、
化学は化学式で世界の全ての現象を表現・解明する学問です。

 

つまりアプローチの仕方が違うだけで元々
“世界の全ての現象を表現・解明する”という
全く同じことをしているのです。

 

これをかっこよく言えば真理の探求です。

 

それぞれの学問はアプローチの方法は
違えど真理を探求しているのです。

 

一流のナ ンパ師は恋愛心理学というアプローチで
かなり多くの世の中の現象を説明できます。

 

一流の経済学者は経済学というアプローチでかなり
多くの世の中の現象を説明できます。

 

ナ ンパ師も経済学者も自分のものさし(学問)でできるだけ
多くの物事を測れるようにしようと日々探求しているのです。

 

しかし、両者は同じことを別の角度からアプローチして
いるに過ぎないので最終的にたどり着く真理・本質は同じです。

 

様々な業界の成功者が書いている自己啓発本に似たよう
なことしか書かれていないのは、アプローチは違えど
たどり着く真理・本質・法則が同じであることを証明しています。

 

どのジャンルの成功者も自己投 資が大事、行動力が大事、
と同じようなことばかり言います。

 

それはビジネスだけでなくどんなジャンルであっても結局、
たどり着く真理・本質・法則が同じであるということです。

 

ではナ ンパや別の学問を実践的に自分のビジネス
に活かすにはどうすればいいのでしょうか?

 

僕は常に以下のステップで自分のビジネスに他ジャンル
の術を取り入れています。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1.自分のビジネスをマクロで捉えてみる。

2.学問、ナ ンパなんでもいいですがジャンルを選定し
一流の人間のやっていることをマクロで捉えてみる

3.マクロ(理論やフレーム)でのそれぞれの対応関係を把握する

4.ミクロ(テクニック)でのそれぞれの対応関係を把握する

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

3では理論における気づきが、4ではテクニックにおける
気づきがあります。

 

3をきちんとやっておかないとミクロでの対応関係
は僕の場合、把握できません。

 

つまり3を経ることで僕の場合、新規のテクニックを
思いつく可能性が出てきます。

 

閃(ひらめき)のひとつの正体はこの4ステップ全て、
あるいは一部が一瞬のうちに行われることだと僕は
思います。

 

この4ステップ、僕が我流で作った荒削りなものですが
意外と使えますので試してみてください。

 

 

当ブログからの無料プレゼントはこちら
バナー

いかがだったでしょうか?参考になれば幸いです

当記事を気に入って頂けましたら、ソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加