【コピーライティング基礎】対義結合で目を惹くコピーを創る

今回はインパクトのある新しい言葉を作る方法”対義結合”についてお教えします。

対義結合

 

コピーライティングの基礎を0から学びたい方は
こちらに動画講義を設置してありますので閲覧ください。

コピーライティング基礎講座

 

対義結合とは

対義結合(オクシモロン)は矛盾する・相反する言葉を
結びつけて新しいコピー(言葉)を生み出す手法です。

 

僕はセミナーや勉強会で”相反するものどうしを結びつける
ことで新しいアイデアやビジネスモデルが生まれる”という
ことを具体的なケースを交えて説明することがあります。

 

そして言葉(コピー)もその例外ではなく、相反するものどうしを
結びつけると思いもよらない、目を惹くものが生まれることが
あります。

 

後で対義結合の効果は詳しく分類してお教えしますが、
対義結合を使いこなせると非常に衝撃的で目を惹くコピーや、
深みのあるコピーを生み出せるようになります。

 

<世間で使われる対義結合で作られた言葉の例>

ブスかわいい

小さな巨人

バカの天才

終わりの始まり

生ける屍

細マッチョ

ツンデレ

 

また厳密には単語ではないので対義結合とは呼びませんが、
“ドブネズミみたいに美しくなりたい”なども非常に惹かれる
コピーですよね。

 

対義結合の効果

目を惹く・興味を掻き立てる

今でしょで有名な東進予備校国語教師の林修先生は
「ジャイアントコーンミニ」という表現を見たときに
二度見したそうです笑

 

セールスレターで重要なのは目に留まる言葉、引っかかる
言葉をどれだけ散りばめられるかです。

 

ですから特にヘッドコピー(見出し)やサブヘッドコピー(小見出し)
を考える際に対義結合で目を惹く言葉を作り出すというのも
有効な選択肢の一つです。

 

想像を掻き立てる

対義結合で作られた言葉は論理的ではありません。
矛盾する言葉をくっつけているので当たり前ですが。

 

ですから、受け手はそのまま言葉通りに理解することが
できないので自分の過去の経験などを参考に自分で納得
できる形にして解釈します。

 

つまり対義結合で作られた言葉を理解する過程で過去の
自分の経験や感情を頭に想起することになります。

 

意味深な印象を与える

対義結合で創られた言葉は論理的でなく、自分の経験や感情を
もとに意味を理解されるわけですから解釈する人によって意味
が違っています。

 

例えば会社の社長が「わが社の社員は馬鹿の天才であるべきだ」
と朝礼で発言した場合、おそらくそれを聞いた社員同士で”社長
は○○ってことを言いたかったんだろう」「いやいや社長が意図した
のは△△で~」など議論する事になるでしょう。

 

アイロニカルな印象を与える

全ての対義結合のレトリックを使った言葉が皮肉を含んだ印象
を与えるわけではないですが、場合によってはそういう印象を
与えます。

”ありがた迷惑”なんかはがっつり皮肉(アイロニー)が
こめられた対義結合で作られた言葉ですよね。

 

 対義結合を一番使いこなしているのはAVのライターだと思う

昨今では毎年何千、何万とアダルトビデオが発売されて
いるので、インパクトの弱いアダルトビデオはすぐに淘汰
されてしまいます。

 

そこでアダルトビデオのタイトルにインパクトを出すために
非常に多く対義結合、またはそれに近いレトリックが使われています。

 

清純派AV女優…もはや突っ込みどころ満載の対義結合ですが
普通にAV女優というよりも随分とインパクトありますよね。

 

レンタルビデオショップの成人向けコーナーでインパクトの
あるビデオのタイトルをメモる…完全に変態だと思われるでしょうが
コピーライティングの勉強には良いと思います笑

 

というわけでセールスレターや商品のタイトルを考える際に
コピーにインパクト出したいなと思ったら対義結合したらどう
なるかな?と考えてみるといいですね。

 

当ブログからの無料プレゼントはこちら
バナー

いかがだったでしょうか?参考になれば幸いです

当記事を気に入って頂けましたら、ソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加