ランサーズで会社員が副業した場合、確定申告は必要か?

最近流行しているクラウドソージングサービスのランサーズ。今回はランサーズで会社員が副業した場合の税金周りのことをお教えします。また確定申告しても会社にバレない方法も紹介しています。

副業でランサーズで稼ぐ場合、確定申告が必要なパターン

ランサーズで副業する場合、年間の収入が20万円
超えたら確定申告が必要になると考えておけばOKです。

 

つまり副業で月に2万円以上、ランサーズで稼いでいるので
あれば確定申告は必要になると思っていいでしょう。

 

ランサーズの収入を確定申告すると副業が会社にバレるか?

結構誤解されている方が多いのですが、税理士さん
の話ではむしろ副業で稼いでいて、その金額を確定申告
しないほうが会社にバレる可能性が高いそうです。

 

というのも副業の確定申告をしていない場合、副業分の
住民税の支払い通知を会社に送る自治体が多いようです。

 

そもそも会社にバレる、バレない云々の前に収入を申告
せずに税金を納めないのは脱税です。

 

サラリーマンやOLなど会社員の場合は、普段源泉徴収
という形で給料をもらうので税金をちゃんと届け出て、支払う
という感覚や届出ない場合の罪の意識というのが薄いかも
しれません。

 

ココまでまとめるとランサーズで副業した場合、年間の
収入が20万円を超えるなら確定申告はしたほうがいい、
といいうことですね。

 

「どうしても副業をしていることが会社にバレたくない」
という場合は以下の対策をしましょう。

 

ランサーズでの副業収入が会社にバレないようにする方法

確定申告の際、普通徴収に丸をつけましょう。

 

会社に副業がバレるパターンのほとんどは、
『自分でぽろっと言ってしまう』『住民税の通知が会社に送られる』
のどちらかだそうです。

 

自分でぽろっと副業している旨を言ってしまう、
という部分は自分で制御してもらうしかないです笑

 

そしてもう一方の税金の通知が会社に送られてしまい
会社に副業がバレるというリスクは確定申告の際、
普通徴収にマルをつけるという方法で回避できます。

 

もしも副業をしている場合に会社に住民税の通知が
行ってしまうと「あれ、コイツに与えている給料の割に
なんでこんなに住民税が高いんだ?さては副業してるなぁぁ」
と感づかれてしまうのです。

 

これはランサーズでの副業に限った話ではなくて
副業全般での話なので覚えておくといいでしょう。

 

ただし、もちろん例外もあります。

 

というのも住民税の徴収って市町村によって
方法が異なるからです。

 

確実に副業が会社にバレるリスクを0にしたいので
あれば税理士さんに相談して、自分の住んでいる
市町村の住民税の徴収仕組みとかもリサーチして
もらうといいと思います。

 

ps.絶対に会社にばれたくないという場合は税務署
のおじさん(おばさん)に、副業分の収入が普通徴収で
きているか?と副業の収入は(その役所の体制的に)
会社に連絡しないかを聞いたらいいと思います。

当ブログからの無料プレゼントはこちら
バナー

いかがだったでしょうか?参考になれば幸いです

当記事を気に入って頂けましたら、ソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加