ランサーズって危険?稼げない?

今回はインターネット版の内職を請け負えるサイト、ランサーズについて書きました。

lancers

ランサーズは危険?

学生や主婦、副業でランサーズを利用する方の
多くはタスク案件に取り組まれています。

 

タスク案件って言葉、結構分かりにくいですが
例えば「ダイエットってテーマで700文字から1500文字
書いてくれたら1記事につき、200円あげるよ」って感じ
の仕事です。

 

で、こういう記事執筆代行系は危なくはないです。

 

一方で、同じタスク系でも「新規メールアドレスを取得して
指定のページからアドレス登録をしてくれたら1件につき
100円あげます。」みたいのはちょっと危険です。

 

アドレス登録1件につき100円とかのタスク、ランサーズに
結構あるし記事執筆代行とかのタスクに比べて時間がかから
ないので、初心者はついつい手を出したくなりがちです。

 

ただし、この案件はブラックです。簡単に説明すると
無料オファーという仕組みなのですが、このような
形でアドレス登録をさせるのは規約に違反している
はずです。

 

なので、依頼主はブラックなことをやっている訳です
し、あなたもそのブラックなことに加担している訳です。

 

ちなみに登録に使ったアドレスには迷惑メールが
止めどなく届くようになります笑

 

知識がない場合は、作業の割に単価が異常に
高い案件には注意した方がいいと思います。

 

ランサーズは稼げないか?

ランサーズのタスク案件で稼いでいる部類に
入る人たちで月1〜2万円ぐらいです。

 

これを稼げると感じるのか、稼げないと
感じるのかはあなた次第でしょう。

 

ランサーズのタスク案件はガチャガチャの
カプセルに1個景品を詰めたら1円とか、
そういう内職のインターネット版です。

 

もちろんそういう内職に比べれば比較的
割はいい方でしょうけどね。

 

ランサーズでの報酬を少しでもあげるコツ
としては”とにかく数をこなすこと”です。

 

とにかく100円以上の報酬の案件で自分が
できるものをこなしていくといいと思います。

 

また自分の得意ジャンルとそうではない
ジャンルでは作業効率が圧倒的に違います。

 

記事作成代行を請け負ったとして、
得意なジャンルならリサーチにかける
時間が少なくて済む訳です。

 

それに対して、そんなに得意ではない
ジャンルで記事を書く場合、下調べ・リサーチ
に結構時間を要してしまいます。

 

ランサーズでクソクライアントの案件を請け負うと稼げない

クソクライアントには注意しながら
やらないとせっかく仕事をこなしても
報酬が入りません。

 

ランサーズでは仕事の成果が依頼内容と
異なったり、ミスがあったりする場合、
クライアントは否認することができます。

 

否認されると、せっかく仕事をこなしても
報酬は一切、もらうことができません。

 

ただしランサーズではクライアントは依頼数
の3割以上は否認できない制度になっているので
同じクライアントから請け負った仕事が全部否認
される、というようなことはありません。

 

つまり同じクライアントに請け負って記事執筆
代行の仕事を4記事請け負えば、否認されるのは
多くても1記事ということです。

 

でもせっかく時間をかけて書いた記事が
否認されるのはきついですよね。

 

普通のクライアントは依頼内容と合致して
いて、不正がなければ基本的に承認してくれ
ます。

 

あるいは出来上がった成果が意にそわない場合
でも、修正を提案されます。

 

なのでそんなに否認に怯えることはないはず
ですが、『30%目一杯否認しよう』みたいな
否認大好きクソクライアントも一部いるようで
すから依頼を請け負うときは注意しましょう。

 

当ブログからの無料プレゼントはこちら
バナー

いかがだったでしょうか?参考になれば幸いです

当記事を気に入って頂けましたら、ソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加