5分でできる!本格的な動画オープニングの作り方

僕の動画講義の開始7秒ぐらいについているオープニングはどうやって作っているのか?という問い合わせが多いので今回は5分でできる!本格的な動画オープニングの作り方をお教えしたいと思います。

douga

動画オープニングの作り方の動画講義

 

※僕が使っているアフターエフェクトはバージョンが
最新ではないので、細かいUIの位置は最新のものとは
異なりますが、概ね同じなので問題なく理解できると思います。

必要なもの

・Abobe アフターエフェクト

・アフターエフェクト用のテンプレート素材

この二つです。

 

アフターエフェクトはadobeのホームページより
30日間無料お試し版をダウンロードできます。

アフターエフェクト無料体験版DL先

 

アフターエフェクト用テンプレートはVideo Blocks
というサイトで好みのものをダウンロードできます。

Video Blocks

 

※Video Blocksは7日間無料でダウンロードし
放題ですが、7日を過ぎても解約していないと
自動課金されるので注意してください。

 

今回の動画講義ではこちらのテンプレート
ダウンロードして使っております。

 

簡単!アフターエフェクトでの動画オープニングの作り方3ステップ

アフターエフェクトを起動して以下の
3ステップでできます。

1.テンプレートファイルの編集

2.レンダキューに追加

3.レンダリング

 

では先に紹介したテンプレートファイル
を編集していく実践手順を載せていきますね。

 

1.テンプレートファイルの編集

左メニューよりEDITABLESフォルダに入っている
ファイルを選択し文字入れを行って行きます。

まずはText//Logo_EDITを選択してみましょう。

ae1

 

 

赤枠内のEVOLUTIONという文字をダブルクリック
すると編集できますので好みの文字をいれましょう。

ae2

 

ちなみにlogo revealと書かれている文字に関しては
そのままダブルクリックしても編集できないと思います。

 

編集するにはレイヤーを切り替える必要があります。
操作は簡単!赤枠をクリックしてレイヤーを切り替えるだけです。

ae5

 

 

logo revealの部分をダブルクリックすると
編集できるようになります。

ae6

 

 

今度はEDITABLEフォルダ内のWWW_EDITという
ファイルをダブルクリックで選択します。

ae3

 

 

赤枠内の文字をダブルクリックして好みの
文字を入れてください。

ae4

 

これでテンプレートファイルの編集は完了です。

 

2.レンダキューに追加

RENDERフォルダ内にあるRENDERファイルを
ダブルクリックしてください。

ae7

 

上部メニューバーのコンポジションレンダキュー
に追加を選択します。

ae8

 

下部メニューにレンダキューが追加されたの
を確認してください。

ae9

 

 

こちらの赤枠をクリックすると保存先を選択できます。

ae10

 

3.レンダリング

最後にレンダリングボタンを押すと出力が始まります。

ae11

 

これで完了です。

 

ネットビジネスアフィリエイトの動画無料
コンテンツや動画情報商材に印象に残る
オープニングがあるとブランディングに有効です。

 

手を動かして実践してみると他のテンプレートファイル
を編集する際もかなり楽になるので一度今回のとおり
にやってみることをお勧めします。

当ブログからの無料プレゼントはこちら
バナー

いかがだったでしょうか?参考になれば幸いです

当記事を気に入って頂けましたら、ソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加