GoogleSearchConsoleで『CSS および JS ファイルに Googlebot がアクセスできません』通知が届いた…原因と対処法

7月28日から29日にかけて僕の所有しているサイトにGoogleSerchConsoleから『CSS および JS ファイルに Googlebot がアクセスできません』という通知が届くようになりました。

『CSS および JS ファイルに Googlebot がアクセスできません』通知の原因

このような通知が来た場合、コンテンツが
ブロックされていてクローラーがアクセスで
きないのでSEO降下に繋がるらしい。

 

怖すぎます…

 

というわけで全身全霊をかけて改善に
のぞみました。

 

(あくまで僕のケース&僕はphpには疎いので
その点はよろしくおねがいします笑)

 

まず、今回Googleから通知が届いたサイト
と届いていないサイトの差はなんなのか?
を洗い出してみました。

 

サーバー、テンプレート、WPのバージョン
色々としらみつぶしに考えた結果、

・ロリポップで作っているサイトには高確率で通知が来ている

・エックスサーバーで作っているサイトには通知はきてない

 

このような傾向と、GoogleSearchConsoleTeam
から届いたメッセージをあわせて考えると…

 

上記使用しているロリポップサーバーの『robots.txt』の
記述が影響している可能性が高いと考えました。

 

くそぅ…

 

年に3回ぐらいはロリポップ問題で1日ぐらい
時間を割かれてるなぁ。

 

では、僕が実際にブロックされたコンテンツを
突き止めて、改善した方法を紹介します。

『CSS および JS ファイルに Googlebot がアクセスできません』通知の対処法

1.Fetch as Googleの『取得してレンダリング』を実行

 

2.レンダリングリクエストに✓マークが出るのでクリック

 

3.「Googlebot はこのページの一部のリソースを取得できませんでした。取得できなかったリソースは次のとおりです」という文言に続きURL、型、理由が表示されます

理由の部分にブロックと書かれているURLが
クローリングできない状態なのでここを改善
すればよいみたいですね。

 

では僕がやった改善をば紹介。

4.理由の右に表示されているrobots.txtをクリック

 

するとこんな記述が。

============
User-agent: *
Disallow: /wp-admin/
Disallow: /wp-includes/

Sitemap: サイトマップのURL
============

ブロックされている記述が赤くなっているはずです。
というかぼくのケースではなっていました。

 

ちなみに『CSS および JS ファイルに Googlebot が
アクセスできません』通知が来なかったサイトに関しては
以下の記述になっていました。

============
User-agent: *
Disallow: /wp-admin/

Sitemap: サイトマップのURL
============

 

5.赤いところの記述を消しても問題ないだろうということでBack
spaceキー連打で削除

 

6.削除後、再度Fetch as Googleの取得してレンダリングを
実行してGoogleに知らせてフィニッシュ

 

ひとまず、この方法で”ブロックされたコンテンツ”
なる状態は改善されたっぽいです。

 

いやぁ怖い怖い。

 

※ffftpでフォルダを覗いてもルートドメインに
robots.txtがない件

なんとゆーか、ffftpでフォルダを覗いていもrobots.txtは
目に見えない設定になっているっぽいですね。

 

ただ、

「~.com(ドメイン)/robots.txt」をブラウザに
打ち込んだら出てきますので存在はしてい
ますし、確認できますよ。

※対処法さらっと書きましたがえげつないぐらい
試行錯誤して色々なところの設定を触ったしまい、
ワードプレスがバグってしまいました笑

当ブログからの無料プレゼントはこちら
バナー

いかがだったでしょうか?参考になれば幸いです

当記事を気に入って頂けましたら、ソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加