ネットビジネス

近況報告と過去の初心者だった自分に向けて”まずは、この4ステップをやれ”的なアドバイス

どうも、keishiです。今回は近況報告と、過去の初心者だった自分に向けて”まずは、これだけやれ”的なアドバイスを乗せたいと思います。

古民家一泊二日合宿

先月(9月)末で一年近く運営してきた僕のコンサルコミュニティ企画Academia三期が修了だったので、みんなで古民家を貸切って一泊二日の合宿をやってきました。

控えめに言って、めっちゃ楽しかったです。

そして、私事ですがちょうど先月で30歳になりました。サプライズでsoraさんとshinyaさんがバースデーケーキを買ってきてくれて、お祝いして頂きました。

 

Academiaの3期も先日修了しましたが、こうしてみると本当に良い人たちが僕のコンサルを受けてくださってるなあと感謝するばかりで、こういうのが僕の”コンサルで結果を出してもらうのが楽しい”につながり、コンサル生が結果を出してくれるという循環につながってることをつくづく感じます。

【Academiaを0から受講した実績者の一部】
shinyaさん 月3000万円 (発信)

hirokiさん 月1200万円 (発信)

yutoさん 月200万円 (発信)

taiseiさん  月100万円 (発信)

皆川さん 月300万円 (発信)

magaraさん 月収200万円 (発信)

soraさん 月収300万円 (発信)

染谷さん 月収30万円(エンタメ系/男性)

mikaさん 月収30万円(エンタメ系/女性)

猪田さん 月収20万円 (芸術系/女性)

佐々木さん 月収10万円(エンタメ系/女性)

沢見さん 月収10万円 (ライフハック系/女性)

沢目さん 月収10万円(エンタメ系/男性)

多田さん 月収10万円(グルメ系/男性)

きぬがわさん 月収10万円(生き方系/女性)

安斎さん 月収10万円(エンタメ系/男性)

谷本さん 月収10万円(エンタメ系/女性)

征矢さん 月収10万円 (生き物特化サイト/男性)

杉山さん 月収10万円 (健康特化サイト/男性)

ワタナベさん 月収10万円 (ゲーム特化サイト/男性)

神田さん 月収10万円 (ダイエット系/女性)

mioさん 月収10万円 (お役立ち系/女性)

宮野さん 月収20万円 (映画系/男性)

坂本さん 月収10万円 (漫画系/男性)

神谷さん 月収10万円(エンタメ系/男性)

原脇さん 月収10万円(男性)

では続いて最近の自分の収益の近況況告も一応。

最近のkeishiのリアル収入事情

直近30日間で月収2000万円ちょいです。(10月12日配信のメールに、画像添付してます。)以前は新商品のプロモーション時に瞬間最大風速で月3000万円超えるか超えないかだったので、僕の中では、着実に進歩しています。

が、以前と比べて大きな月収を出したい理由自体は大きく変わってきました。

以前は、自分のお金があればあるだけ良いと思っていたから、自分のために頑張れたわけです。

でも、最近はあんまりそういうのがなくなってきて、(これ以上増えたところで、たぶん自分のライフスタイルに変化がないからだと思います。)”いつまでも、調子に乗っていたいから”という理由で頑張っています。笑

 

”一台のPCで収入を得る働き方”をコンサルティングしている僕が、どれだけ崇高で良さげなことを言ったとしても、やっぱり僕自身がその方法で収入を得られてないと説得力がなくて、みんな真剣に動けないと思うんですよね。

 

だから、やっぱり僕自身が最前線で、収益を出し続けて僕のノウハウがリアルタイムで通用するさまを見せ続けていくのが僕についてきてくれている人への一つの責任だと考えています。

 

『現在、稼げないかもしれない』ノウハウや働き方に人生賭けろなんていいたくないですしね。

 

『お前、そのステージでまだ自分の収入とかひけらかしてんのかよwダッセえな。』

って、感じる人もいるかもしれませんが、その通りでダサいかもしれません。

でも、僕の指導しているノウハウが現役で通用することを証明するのは、僕についてきてコンサルを受けてくれている方々への誠意だと思っているので、これからも、こうやって収入実績の開示はしていこうと思っています。

 

さてさて、近況報告長くなりましたが本題。

過去のブログやメルマガ初心者だった自分に向けて”まずは、この4ステップをやれ”的なアドバイス

もう僕が0から起業して以来、5年以上経ちます。これまで僕自身も、起業塾やビジネスコンサルを結構受けてきました。

 

起業当初はそういう塾内でも、食事会なんかのリアルの集まりに行って、いろんな諸先輩方に教えを乞うていた僕でしたが、継続している間にいつの間にか、歴代1000人以上、受講している塾のノウハウ(プロモーション手法)で歴代一番結果を出しているのが僕になってたりということが手前味噌ですが結構ありました。

 

で、同じ塾の他の生徒に『どうやったらそんな成果を出せたんですか?』と聞かれるポジションになることも多々。

魔法のような取り組み方をしてきたわけではありませんが、何のメンターからノウハウを学ぶ際にも僕がステップとしてなんとなく意識してきたことはあるのでシェアします。

 

取り組み方として僕は以下、4ステップを自然と意識しています。

==========

1.原理、原則を知ること

2.事例を浴びること

3.実際にやってみること

4.ひたすら考えること

==========

これをとにかく反復しています。ぶっちゃけ、これを粘り強くやれるかやれないかが全てだと思っています。

 

1つずつ解説しますね。

■1.原理、原則を知ること

情報発信で言えば、僕ははじめた時、そもそもバイトを除く、社会人経験もファミマでのフリーター経験ぐらいしかなかったわけで当然ビジネスのことなんて何もわかりません。

 

ぱっぱらぱーです。笑

 

なので、とりあえずずべこべ言わずにまずメンターのビデオを何回か見て、メンターに通話してもらい、例えば情報発信なら情報発信の原理原則、つまり先に価値を提供することで返報性でお金を頂くとか、ブランドを作ってから、商品を売るとかそういいうビジネスの考え方を知ったり、すり合わせることに努めました。

 

■2.事例を浴びること

原理原則をなんとなく理解しただけでは手を動かせと言われても僕の場合は、イメージできなくて手が動きません。

 

なので、ひたすら”その原理原則をしっかりと使って実践している人たちが実際どうやってるのか”という実例を見まくります。

 

情報発信を始めた当初、原理原則を押さえた後は捨てアドを作って色んな発信者のメルマガに登録して、読みまくり事例を体感していきました。

(資産型ブログで稼げてなかった時は、人の資産型ブログをとにかく見まくりました。)

 

『ああ、実際には原理原則をこうやって使うのか!』という体感を得ていく作業です。

 

結構、多くの人がこの事例を浴びるということをすっ飛ばして実践しようとするんですが、『原理原則を学んで理解してるつもりのに、動けない病』という病気にかかることが多いです。

自分が実践しようとしている方法で、より優れている人の具体的な事例(今風の言葉で言えばロールモデル)を見つけて、自分とその人の差を埋めるってことをどんどんやっていきます。

 

■3.実際にやってみること

事例を浴びてふわっとイメージ出来たら、実際にやってみます。

ノウハウコレクターの人や完璧主義の人はここが中々回せません。

 

僕も変なところで完璧主義なので、”失敗したって別に損することなくね?”と言い聞かせ動くことを意識するようにしています。

 

イメージではできたとしてもやってみると細部で分からないことや思ったのと違うことが出てくるので、理解したと思ったけど本当の意味で理解できてなかったことをここで炙り出していくことができます。

 

炙り出した課題をひとつづつ、改善していくことで一歩ずつ成長していくことができます。

 

しかし、ここで厄介なことがあります。

 

自分では本質に合致している、間違ってないと自信満々にアウトプットしたことが、はたから見たらちょっとずれているということがあるということです。

 

自分で気づいている間違いや認識している課題は、改善のしようがあるのですが、自分では合っていると思ってたり、認識できてない課題は解決しようがありません。

 

この自分には見えてない間違いを”盲目の課題”と呼ぶことにします。

 

例えば、僕がファミマでフリーターをしてた時に、店長に『岡本君、声小さいよ』っていわれてびっくりしたことがあります。

 

自分では声出てるつもりだったのに、はたからみたら全然足りてなかったってことですね。

 

実際、ざっくりした方向性があってて、作業量も申し分ないぐらい本気でやってても大きな結果が出ない時に足を引っ張ってるもの(ボトムネック)って僕の経験では大抵この盲目の課題が原因になっています。

 

そこで、本質と自分のアウトプットしたものがずれてないかを客観的に見て、盲目の課題を指摘してくれるアドバイザーが必要になってきます。

 

僕がメンターの必要性を最も感じていて、塾やコンサルを受けながらネットビジネスを実践してきたのは、この点が大きいです。

『岡本(僕のこと)さん、メルマガ読みましたが自信を持ってビジネスをするって、そういうことじゃないですよ笑』

塾に入って添削してもらった時、こんな感じのことを言われてはっと気づいたのですが『実際、指導を受けずに自分でやってたらこの間違いに気づくのに何年ぐらいかかってたんだろうな』とぞっとしました。

 

■4.ひたすら考えること

あとはひたすら考えることです。日常全ての物事からヒントを得て、さらなる改善やアイデア、そして実現につなげていくというフェイズ。

 

『どうやってやるの?』って思うかもしれませんが、ここではやり方に縛られる必要はありません。

 

1~3に本気で取り組んでいれば自然と日常の意識もそこに向かい、自然と日常生活を送っていてもビジネスのことを考えるようになってるので難しくプロセスを考える必要がないのです。

 

1~3を本気にやってれば、勝手に考えるし、勝手に情報が入ってきます。

==========

【まとめ】

1.原理、原則を知ること

2.事例を浴びること

3.実際にやってみること

4.ひたすら考えること

==========

上のステップを、結果が出ないときも結果が出はじめても、淡々と継続し続けたことが僕が、一番の成果を出すに至った唯一の理由だと思っています。

 

よかったら、上記4ステップ意識してみてください。

著者プロフィール

keishi
1988年生まれ/早稲田大学社会科学部卒

好き:無印良品、mac、ラッコ、シンプルで上質なモノ。

嫌い:目覚まし時計、しいたけ、体育会系ノリ。

『就職したくない。。。ってか、朝早く起きれない。』

そんな思いで、就活で挫折していた、2013年の5月(25歳のとき)に0からPC1台、ネットビジネスを始めたのがきっかけ。

現在はビジネスコミュニティの運営、Webマーケティング、アフィリエイト、コンサル、などの活動が中心。

【実績】
2013/5 :ネットビジネス開始
2014/7 :月収100万円達成(プロモーション)
2015/2 :月収200万円達成(プロモーション)
2015/9 :月収1600万円達成(プロモーション)
2016/1 :月収200万円達成(自動化)
2016/9 :月収3000万円達成(プロモーション)
2017/2 :月収400万円達成(自動化)
2017/10:月収4900万円達成(プロモーション)

“1台のPC以外、持たない小さな起業という働き方を通して、心地のよいくらしを創る”ことを発信しています。

1台のPC以外、持たない小さな起業という働き方を0から実現するための教科書&メルマガの購読者は1万人を突破。

1台のPC以外持たずに、自由に働く月収100万円プレイヤーを多数輩出している、keishiが制作した小さな起業実践のための初心者向けの教科書『Net business navigation』が期間限定で無料で全てダウンロードできます。詳しくはこちら↓

期間限定ですので、興味があればこちらから今すぐご登録頂くことをおすすめします。