ネットビジネスにおけるメンターの探し方

僕はこれまで受験やビジネスの展開など人生の重大な場面において常に独学ではなく、メンターに教わりながら実践してきました。今回は優れたメンターの探し方・見つけ方です。

 

ギリシャ

 

メンターについて

メンターとは指導者のことです。
語源はギリシャ神話のメントールから来ています。

 

もちろんあなたがこれまで人生の重要な場面において
独学で成功してきたのであればそれは誇るべきことです。

 

しかし僕は独学では確実に受験やビジネスにおいて
失敗していたでしょう。

 

大学受験の際は予備校講師というメンターに、
公務員試験を受験する際はTACというWスクールの
講師をメンターにして勉強して結果を出してきました。

 

ネットビジネス事業を展開する際もメンターに
教えてもらいながら実践してきました。

 

もちろん大学受験予備校、Wスクール、ネットビジネス、それぞれ
メンターに教えてもらう際は対価としてお金を支払ってきたわけですが、
そのどれも最高の費用対効果を発揮してきています。

 

どのビジネスの分野においても圧倒的な成果を最短で
出している人間には2パターンいます。

 

・天才

・メンターに教わり、実践する凡人

 

僕は後者です。

 

 

あなたが僕と同じく、これまでの人生の重要な場面に
おいて独学では無理だということに気づいてきているの
であれば優れたメンターから学びスキルを磨いていきましょう。

 

メンターから学ぶ側としての姿勢

優れたメンターをつけただけで成功するわけではなく、
成功するためには学びの姿勢も非常に重要になってきます。

 

重要な姿勢は以下の3つです。

 

謙虚である

せっかくメンターに優れた助言や指導をしてもらっても
謙虚にそれを受け入れなければ台無しです。

 

 

対価を支払う

特に個別で指導してもらうということはメンターの時間を
いただくということです。

 

もしもそのメンターがあなたの指導に時間を割かなければ
その時間を使ってメンターは自分で稼げていたわけですから
その代償としての対価は支払う必要があります。

 

優れた人間の時間をいただく=その分、高い対価を支払う
必要があるということです。

 

一般的には金銭的な対価を支払いますが、メンターが了承するなら
労働対価や物的対価を支払うという方法でもいいかもしれません。

 

本気で実践する

対価を支払ってメンターに指導してもらう環境が整った、そして
謙虚に指導を受け入れる心構えもできている、となればあとは
指導に従って本気で実践すれば成果は必ず出ます。

 

メンターの探し方・選び方のポイント

優れたメンターを探し、効率的に成果を出す際の
ポイントは5つです。

 

実績

あなたが学ぼうとする分野において実績がある人を
指導者にするといいでしょう。

 

ネットビジネスでのメンターを探す際はその人自身が
実際に稼いでいる実績だけではなく”稼がせている”
という実績も考慮するといいでしょう。

 

実力

実績と実力はときに乖離します。

 

すごく実力はあるのに芽が出ない、実績がない人もいれば、
どうみても実績ほどの実力がない人もいます。

 

ネットビジネスにおいては特に○○円稼いだという実績があって
も実力が伴っていない人が多いです。

 

俗に言う”作られた成功者たち”です。

 

彼らは例えば、有名な人に寄生して有名な人の顧客を回して
もらいそこに対してセールスをかけていくという手法を使って
実績を作ったりしています。

 

ですからある程度、稼いだ実績はあっても1からビジネスを組み立る
スキルは持ち合わせていませんし、他人を同じように稼がせるという
ことはできません。

 

ですのでネットビジネスにおいてメンターを選ぶ際は、 自らの力で
顧客を集め、セールスをかけていける人物かどうかを見るといいでしょう。

 

凡人

あなたが天才ではないならば、同じく天才ではない人
に指導してもらうべきです。

 

天才は自分が物事を実践する上では最高のパフォーマンス
を発揮しますが、人に教えるという側面では弱いです。

 

天才は凡人の踏むべき手順をぶっ飛ばして、成果を出すこと
ができるため逆に言えば凡人に成果を出すための”踏むべき手順”
を順をおって説明することができません。

 

もしくはその過程の凡人の苦労に全く共感できないでしょう。

 

厳しさ

何かにおいて指導したことがある人、メンターの立場になったことが
ある人はきっとわかると思いますが、褒めるのはかなり楽です。

 

しかし、
叱ったり甘やかさないといった厳しくすることはかなり大変です。

 

それはビジネス上でのメンターであれば叱って相手が不快な
思いをして契約更新がされなければ自分の収入にも響くし、
誰しもができれば嫌われたくないと思うからです。

 

ですがいつも甘やかしてばかりでは相手のためにならないし、
ダメなことをしたときは厳しくダメと言った方が相手のために
なります。

 

嫌われてでも相手のためを思って指導できる人間は
貴重な存在です。

 

特に本気で成功したいのであれば厳し目の
メンターを選ぶといいでしょう。

 

耳障りのいいことばかりしか言わない人をメンターに選ぶと
確かに気持ちがいいかもしれませんが成果には結びつきません。

 

共感

これが最も重要なんですが、
あなたが直感的に共感できる、好きだなと思える人物を
メンターに選ぶべきです。

 

密にコミュニケーションをとっていくことになるわけですから、
嫌いな人物をメンターに選ぶのは避けたほうがいいです。

 

ネットビジネスにおけるメンターを探す際は、その人が無料で
発信している情報やコンテンツなど多くの判断基準があります
からそういったものが自分に合うか確認するといいでしょう。

 

分野ごとにメンターは異なっても良い

例えばビジネスのメンターとピアノのメンターと大学受験
のメンターがそれぞれ違う人物でも良いわけですが、別に
ビジネスという分野の中でも別々にメンターがいても良いのです。

 

僕のメンターも集客、マインドセット、コピーライティング
それぞれ別の人物です。

 

 

 

当ブログからの無料プレゼントはこちら
バナー

いかがだったでしょうか?参考になれば幸いです

当記事を気に入って頂けましたら、ソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加