マイクロソフトオフィスを無料でダウンロードする方法

マイクロソフト公認のオフィスを無料で使う方法をお教えします。それにしても最近のマイクロソフトは太っ腹ですね。

マイクロソフトオフィス

 

今回の方法を実践すれば2万円で市販されているマイクロソフトオフィス
に入っているワード、エクセル、パワポを無料で使うことができます。

 

オンライン上でしか使えないのでネットにつなぎながら使わなければ
いけないという制限はありますが、機能上不便に感じるところはない
のでオフィスを無料で使いたい方は是非、実践してください。

 

マイクロソフトオフィス無料ダウンロードを動画解説

one drive公式ページ(⇒https://onedrive.live.com/about/ja-jp/)

 

マイクロソフトオフィスを無料で使う方法【図解】

 

1.one driveのホームページにアクセスして右上にある「新規登録」をクリック
します。

onedrive

 

※なお、マイクロソフトのアカウントをすでに持っている方は
新規登録作業は不要です。

 

2.画面右下に表示されている「新規登録」をクリックします。

onedrive2

 

3.アカウント作成画面が表示されるので赤枠内を全て記入して
「アカウントの作成」をクリックします。

onedrive3onedrive4

 

なお、ここで入力したメールアドレスとパスワードは今後、
マイクロソフトオフィスを使い際に必要になるのでメモしておきましょう。

 

すると以下の画面が表示されると同時に今登録した
メールアドレスにメールが届いているのでメールボックスを開いてください。

onedrive5

 

4.メールボックスにMicrosoftアカウントチームからメールが
届いているので確認ボタンをクリックします。

onedrive6

 

5.”確認できました”と表示されればアカウントの登録が完了して
マイクロソフトオフィスが無料で使える状態になりました。

(場合によってはアドレスとパスワードを要求されるので入力ください)

onedrive7

 

6.再びone driveのホームページにアクセスして「one driveにアクセス」
をクリックします。

onedrive8

 

 

7.one driveメニューバーにある「作成」をクリックするとワード、エクセル
パワポなどが表示されるので使いたいものを選択すれば使えます。

マイクロソフトオフィス無料

 

 

ワードを選択してみます。

ワード

 

うん、市販のパッケージ版のマイクロソフトオフィスのワードと
変わりませんね。

 

次はエクセル。

エクセル

 

最後にパワーポイント。

パワーポイント

 

ネットビジネスにおいてPDFやプレゼンなどを作りコンテンツで
販売する場合マイクロソフトオフィスが便利なので所有していない
方は是非今回の方法を実践してください。

 

当ブログからの無料プレゼントはこちら
バナー

いかがだったでしょうか?参考になれば幸いです

当記事を気に入って頂けましたら、ソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加