ネットで手軽に商品・スキルを売って稼ぐサービスまとめ

サイトやネットショップを作れば商品やスキル・知識を販売して稼ぐことが可能ですが、「もっと手軽に商品やスキルを販売して稼ぎたい!!」という人のために個人でも手軽に商品や知識の売買が出来るサービスをまとめてみました。

 

ネットビジネス

 

例えば「素人だけど絵が上手」とか「PCの入力が早い」とか
「人よりもダイエットの知識がある」とか。。。

 

そういった個人の些細なスキルもインターネットの発達により
簡単に販売していけるようになってきました。

 

つまりネットビジネスが誰でも手軽にできる時代になってきた
ということですね。

 

もちろん、ウェブサイトやネットショップを作って販売するのも良いですが
「もっと気軽に販売して稼ぎたい」という場合は今回まとめたサービスが
役に立つと思います。

 

coconalacoconala
http://coconala.com/

個人のちょっとしたスキルをワンコイン
(500円)で売買出来るサービス。

 

 

coconala(ココナラ)はNHKの情報番組なんかでも最近
取り上げられた最近注目のサイトです。

 

「500円で占います!!」とか「500円でイラスト書きます」みたいな
ちょっとしたサービスが売買できるので主婦で活かしている人が
多い印象です。

 

coconalaは本当に気軽に商品や知識を出品できるので
「プロ並みではないけれど自慢の知識や特技がある」と
いう方はcoconalaで販売してみるといいと思います。

 

ストアカストリートアカデミー
http://www.street-academy.com/

通称ストアカ。講座を作ったりイベントを
開いて参加費を募ることができます。

 

 

ストアカではプレゼン資料作成セミナー、エクセルの使い方講座の
ような形でビジネススキルを売っている人から母親という経験を活
かして産後ケア講座何かを売っている方までいますね。

 

中にはバルーンアートの講座といったユニークなアイデアを
実践されている方もいます。

 

manebimanebi
http://manebi.jp/

先生にも生徒にもなれるというキャッチ
コピーのサービスmabebi。

 

 

記憶術やダイエット術をノウハウ化して売って
いらっしゃる方が多い印象です。

 

価格帯はcoconalaが均一500円なのに対して、manebiでは
自由に値段設定できるので1コンテンツ数万円で売ることも
可能です。

 

ランサーズlancers
http://www.lancers.jp/

仕事を売り買いできるサービスです。
KDDIと業務提携しています。

 

 

データ入力やプログラミング、文字入力などの代行を頼みたい
人が集まっているのでそういったスキルを使って仕事を請け負う
ことで稼ぐことが可能です。

 

gumroadgumroad
https://gumroad.com/

音楽・電子書籍・動画といったデジタル
コンテンツを作成、販売可能です。

 

 

gumroadは国産のサービスではなくアメリカからきたサービスです。
gumrondクリエイターの市場って感じですね。

 

ameroad

ameroad
http://ameroad.net/

Twitter上でコンテンツを売るという変
わったコンセプトのサービス。

 

 

Twitterのアカウントと売るべきコンテンツ、例えばダイエットの教科書をPDF
で作ってあるという状態であればameroadにアクセスして1分ぐらいで商品を
販売できると言っても過言ではないぐらい手軽に出品できる。

 

しかし、Twitter上にいきなり商品投げてもあんまり売れないので
そこはameroadのマイナス点かなと思います。

 

naverまとめ

naverまとめ
http://matome.naver.jp/

面白い情報やためになる情報をまとめ
て記事にすると閲覧者数に応じて報酬
が発生するキュレーションサービス。

 

LINEが運営している結構人気なサービスです。
旅行系のまとめ記事や面白記事を書くとアクセスが集まりやすい
傾向にあるようです。

 

 

その他にも気軽にコミュニティを作ってコミュニティの参加者に
会費を募ることで収益を挙げられるsynapseGrow!という変わった
サービスもあるのでリーダーシップ取れる人は使って手軽にビジネス
を組み立てられますね。

 

今回紹介した様々なサービスは本当に気軽に商品やコンテンツ・スキル
を売れるようなものばかりです。

 

ネットビジネスは難しそう…って人でもブログすら作ることなく商品を
販売できますからね。

 

またこれらのサービスはすでに販売用のブログを持っていたり、
ネットショップを持っている人もサブ要素として使っていけます。

 

だって自分のブログやショップに置いとくだけよりもいろんな所に
商品を置いておいたほうがたくさんの人が見てくれる可能性が
増えてよりたくさん集客できますから。

 

以上です。

 

 

当ブログからの無料プレゼントはこちら
バナー

いかがだったでしょうか?参考になれば幸いです

当記事を気に入って頂けましたら、ソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加