噂のLINE乗っ取り詐欺にアカウントを乗っ取られた件

面倒なことって立て続けに起こりますね。さきほどおもいっきりLINEのアカウント乗っ取られてました。

LINE則りが流行っているのは聞いていましたがまぁ
パスワードしっかりしているし自分は大丈夫だろうと
思っていた矢先におもっきり乗っ取られてました。

 

幸い、顧客とコンタクトをとるときLINEは使っていなかった
ので信用失墜だけはまぬがれました。

 

友人や母親から電話がかかってきて乗っ取られている
ことに気がつきました。

 

なんでもWebmoneyを買うのを手伝ってくれと言われる
そうです。

 

以下乗っ取りと気づいた友人が犯人と面白い会話を
楽しもうとやり取りした履歴です。

犯人:何してますか?手伝ってもらってもいいですか?

友人:やあ

犯人:Webmoneyのプリペイドカード買うの手伝ってもらえますか?

友人:お前のアカウント乗っ取られてんの?笑

犯人:20000点のカードを3枚買っ

友人:買っ の続きは?

犯人:買ったあとに番号の写真を撮って送ってください。

友人:買いました

犯人:番号の写真を撮って送ってください。

友人:うそでーす♥

犯人:了解

友人:お金ないのでごめんなさい。失礼しまーす。

犯人:今お金以外何かもってますか?

友人:うーん、定期預金ならあるよ

犯人:(困った顔の絵文字)

 

お金を持ってないとわかると早々に犯人の心が折れた
ようで困った顔の絵文字が送られてきたそうです。

 

今までのLINE騒動から考えると犯人は中国人か
韓国人のようですが、そこそこ会話は成立するようですね。

 

絵文字まで送ってきやがるようなので。

 

僕の場合はプライベートの友人の連絡先しか登録されていな
かったのでおそらく僕の乗っ取られアカウントから敬語で違和感
のあるメッセがくれば偽物だと気づけるでしょう。

 

しかしネットビジネスでのクライアントとの連絡にもしもLINEを使って
いたら迷惑をかけたり信用失墜していたかもと考えるとゾッとします。

 

クライアントとの連絡は基本的に敬語なので僕の乗っ取られた
アカウントから敬語のメッセきても乗っ取りだとは気づかないかも
しれません。

 

そしてwebmoney買ってくださいなんて言ってきたら完全に何、
コイツってなります。

 

LINE乗っ取りの対策方法としてはPINの設定や電話番号登録何
が有効らしいけれど自分が乗っ取られるまでLINE乗っ取りニュース
への関心が低いからそこまで対策しないんだよね…

 

結局新しいアカウントを作り直しました。
今回は電話番号きちんと登録しておきます。

 

みなさんも、特にビジネス上の顧客とのやり取りにLINEを
使っている方は注意してください。

 

当ブログからの無料プレゼントはこちら
バナー

いかがだったでしょうか?参考になれば幸いです

当記事を気に入って頂けましたら、ソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加