ジョイントベンチャーとは【メリットとデメリット】

今回はジョイントベンチャーの意味からメリット・デメリットをお教えします。

JV

 

ジョイントベンチャーとは

他社、あるいは他人と連携して事業をすること
です。

 

ネットビジネスにおいてもジョイントベンチャー
している例はよく見かけます。

 

ジョイントベンチャーはお互いの強みを活かすことが
目的です。

 

例えば相当良い商品を持っているけれども集客スキルや
販売スキルが低くてなかなか商品を売れないAさんと、
集客や販売スキルが高いけれど商品がしょぼいBさんが
組んでお互いの強みを活かしたら、と考えてみてください。

 

そうとう強力です。

 

コピーライティングのスキルが優れいてるCさんと
集客のスキルが優れているDさんがジョイントベンチャー
しても強力ですね。

 

あるいは実力はあるけどまだリストが少ないEさんと
リストを十分に持っているけれどもうまく扱えていないF
さんが組んでも…

 

というようにジョイントベンチャーではお互いの強みを発揮して、
弱点を補うことが可能です。

 

ジョイントベンチャーにはメリット、デメリットがあるのでしっかり
と理解しておきましょう。

 

ジョイントベンチャーのメリット

短期間で優れた実績が作れる

ジョイントベンチャーは掛け算だと言われています。

 

例えばネットビジネスにおいて、相性の良い月収100万円プレーヤー
と月収50万円プレーヤーが上手にジョイントベンチャーした場合、
収支が50×100万で5000万円回収できるポテンシャルを秘めている
ということです。

 

相性の良い、というのは技術面で両者が互いに強みをより強くでき、
弱点を補完しあえるということだけではなく、精神面においてもそう
あることが望ましいです。

 

なぜ、うまくいけば掛け算になるのか?
その答えの一つは勢いです。

 

2人(社)分のエネルギーを注いでビジネスをやると1人(社)
でやるビジネスよりも明らかに勢いが出ます。

 

実績に人が群がり、さらなる実績を生むように
勢いに人が群がり、さらなる勢いを生みます。

 

弱点を補完し強みに集中できる

弱点を補完し強みに集中するのがジョイントベンチャーの
目的でありメリットでもあります。

 

回復は魔法使いに任せて、遠距離は弓使いに任せて
近距離は剣士に任せる。

 

そんな感じのイメージでそれぞれの強みを活かすことができます。

ジョイントベンチャーのデメリット

任せることのリスク

僕のメンターはジョイントベンチャーにおいて細かい作業を
パートナーに任せているらしいのですが、決済も全て任せて
いるそうです。

 

この場合、万が一パートナーが飛んだら資金は全て持って
いかれるわけですから信頼関係がなければ相当リスクは高いです。

 

ジョイントベンチャーでは負担はどちらかに偏る

作業は5:5、取り分も5:5と決めてもほとんどの場合、
どちらか一方に作業は偏ります。

 

作業量が偏ることを前提として取り分を最初に決めて
おかないと「なぜウチのほうが労働量を投下しているのに
取り分が同じなんだ!」と確実に不満が募ることになります。

 

 

ジョイントーベンチャーがうまくいかないと空中分解する

作業が偏ることを前提に報酬の取り分を決めていなかったり、
信頼関係が崩れたりするとビジネスが空中分解します。

 

ネットビジネスにおいてもいざこざがあってJVパートナー
解消している事例がかなりあります。

 

そうなったときに一番迷惑するのはそのビジネスの
クライアントなので、メリットデメリットを把握して信頼できる
人・企業とジョイントベンチャーすることをおすすめします。

 

 

ps.僕はRPGゲームでレベルアップしたときに全スキルに{
パラメータをほどよく割り振るような性格です。

 

そしてビジネスにおいても全スキルをほどよく伸ばしていく
ように偏ることなくまんべんなく勉強しています。

 

マーケティング、コピーライティング、ブランディング…

 

僕の場合、よく言えば全てにおいて月収数百万円なら稼ぐ
実力に達していますが、悪く言えば今のところどのスキルも
一つとして月収数千万円に達するほどではないということです。

 

個人的な意見ですが、こういう場合ジョイントベンチャーの
メリットよりデメリットの方がでかくなる気がします。

 

逆にコピーライティングの実力が異常に高くて月収数千万レベル
に達しているけれど他のスキルが全くダメで実際の月収はまだ100万
円に満たないという方もいらっしゃいます。

 

そういう人は集客スキルが高い人とジョイントベンチャーしたら
一瞬で僕の報酬を超える可能性を秘めていますしその場合、
メリットが強いと思います。

 

なのでマーケティング構想をねる段階で信頼できる相手がいるの
であればジョイントベンチャーを選択肢に入れるといいですね。

 

当ブログからの無料プレゼントはこちら
バナー

いかがだったでしょうか?参考になれば幸いです

当記事を気に入って頂けましたら、ソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加