Twitterからの被リンクはノーフォロータグがついているからSEO対策にならないのか?

TwitterやFacebookなどソーシャルメディアからのリンクには自動的にノーフォロータグが付与されます。それではTwitterやFacebookからの被リンクにはSEO効果はないのでしょうか?Twitterノーフォロータグ

Twitterで自分のサイトのリンクをつぶやいても被リンク効果はない

Twitterのつぶやきには自動でノーフォロータグを付与され
るため、基本的に自分サイトのURLをつぶやいても被リンク
効果をえることはできません。

 

こちらの記事でノーフォロータグに関して初心者でも
分かるように詳しく解説しております。

ノーフォロータグ(nofollowタグ)でSEO対策

 

ノーフォロータグを付与してリンクを送ることで
「リンクは送りますが、リンク先のサイトを評価しません」
とgoogleに表明することになります。

 

従ってノーフォロータグの付いたリンク、Twitterのつぶやき
には被リンク効果はないのです。

 

Twitterでつぶやかれた、拡散されたURLのSEOが強くなる事実

しかしTwitterで影響力のあるアカウントで自分のサイトのURL
がつぶやかれた、つぶやいた場合にSEOが上がるという事実が
あります。

 

これは実際に、僕や僕のクライアントも何度も経験しております。
ではなぜ、ノーフォロータグを付与されていて被リンク効果がない
にもかかわらずSEOが上昇するのでしょうか?

 

Twitterのつぶやき、拡散でSEOが強くなる理由

googleがSEOの順位を決める際の外部要因は
被リンクだけではありません。

 

そしてSEOの順位を決める際の外部要因のひとつ
としてソーシャルシグナルという要素があると考えられます。

 

ソーシャルシグナルとはどれぐらい、ソーシャルメディアで
話題になっているのかという指標です。

 

従ってTwitterでつぶやかれたURLはノーフォロータグがあるので
被リンク効果はないけれどソーシャルシグナルが高まり、その結果
SEOが強くなると考えられます。

 

近年では一般社会におけるソーシャルメディアの
重要度強くなってきています。

 

それを反映してgooogleはSEOの順位を決める際の要因
としてのソーシャルシグナルの重要度をどんどん上げてきている
と考えられます。

 

被リンクに比べるとソーシャルシグナルによるSEO効果の持続性は低い

僕の経験上、被リンクに比べるとソーシャルシグナルが高まった
ことによるSEO上昇の持続時間は短いです。

 

例えば僕が運営するとあるサイトの記事がTwitterでかなり
拡散されたことがあるのですが、爆発的に拡散されてから
8〜12時間はその記事が狙ったキーワードで1位に表示されていました。

 

が、12時間過ぎたあたりで本来あるべき順位に戻りました。

 

僕自身の経験、クライアントのケースをまとめるとやはり
ソーシャルメディアでURLが拡散されたことによってSEOが
急上昇する場合の持続時間は8〜12時間ぐらいです。

 

おそらくこの上昇している期間中にSEOからもアクセスが
流入すれば長期的なSEOも高まると考えられます。

 

当ブログからの無料プレゼントはこちら
バナー

いかがだったでしょうか?参考になれば幸いです

当記事を気に入って頂けましたら、ソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加