ネットビジネス

ネットビジネスや起業のアイデアがごろごろ転がっている場所

今回は意外と盲点だった「え、そんなところにネットビジネスのアイデアが転がっているの?」という話をします。

idea

 

当たり前の話なのですが人の悩みを解決してあげる商品やサービスを作り、
広めることができればビジネスというのは成立します。

 

特に多くの人が悩んでいることを解決できる商品やサービスを作り、
広められれば多くの利益を獲得できるビジネスが成立します。

 

つまり、悩んでいる人がたくさん集まっている場所に出向いて
どんなことでどれくらいの人が悩んでいるのかをざっくりと把握
リサーチできればそれはビジネスアイデアになる可能性が高いです。

 

以上の観点からビジネスアイデアが転がっている場所の一つとして
病院が挙げられます。

 

僕は病院が昔から嫌いだったのですが、ビジネスを始めてから
は病院に行くたびに様々な気づきがあるので結構些細なこと
でも行くようにしています。

 

最近だと、おでこにニキビができたので皮膚科に行きました。

 

すると平日の午前中にもかかわらず皮膚科には肌にトラブルを
抱えたたくさんの患者がいました。

 

この場にいた大勢の人たちはいわば”肌のトラブル・悩みを抱えていて
それを解決するためにはお金を払ってもいい”と考えている人たちです。

 

だって診察を受けたあとに保険が効くとは言えお金を払いますからね。

 

つまり肌のトラブルに関するサイトや商品を作ればアクセスを集めること
もできるしマネタイズもできるわけです。

 

その場で気になってどれくらいの人がニキビについてインターネット
で調べているのかを検索したところ、googleでの月間平均検索数が
7万件以上ありました。

 

さらに診察を受けている時に先生にいろいろニキビの原因などを
聞いたらクーラーなどの冷え性やストレス、自律神経の乱れなどが
一般的な原因だとおっしゃっていました。

 

これを聞いて冷え性で悩んでいる人も多いのでは、とか自律神経の
乱れで悩んでいる人が多いのではとか思ってgoogleの検索数を調べた
ところ予感が的中しており、多かったです。

 

冷え性改善情報を発信するサイトや商品レビューなども作れるなぁと
思いました。

 

またその先生はかなり勉強家で肌トラブルを改善するための冷え性を
改善する食事、食材やデトックス方法、ストレッチの方法などを資料に
まとめていらっしゃって患者に配っていたので僕もどっさりと全部もらってきました。

 

ニキビのサイトを作って資料に書いてある情報を参考にしつつ
切り口を変えたり自分の感想も交えつつ記事にしてしていけば
相当アクセスの集まるサイトができると感じました。

 

病院に限らず悩んでいる人がたくさんいるような場所には
お金を払ってでも行く価値があります。

 

著者プロフィール

keishi
1988年生まれ/早稲田大学社会科学部卒

好き:無印良品、mac、ラッコ、シンプルで上質なモノ。

嫌い:目覚まし時計、しいたけ、体育会系ノリ。

『就職したくない。。。ってか、朝早く起きれない。』

そんな思いで、就活で挫折していた、2013年の5月(25歳のとき)に0からPC1台、ネットビジネスを始めたのがきっかけ。

現在はビジネスコミュニティの運営、Webマーケティング、アフィリエイト、コンサル、などの活動が中心。

【実績】
2013/5 :ネットビジネス開始
2014/7 :月収100万円達成(プロモーション)
2015/2 :月収200万円達成(プロモーション)
2015/9 :月収1600万円達成(プロモーション)
2016/1 :月収200万円達成(自動化)
2016/9 :月収3000万円達成(プロモーション)
2017/2 :月収400万円達成(自動化)
2017/10:月収4900万円達成(プロモーション)

“1台のPC以外、持たない小さな起業という働き方を通して、心地のよいくらしを創る”ことを発信しています。

1台のPC以外、持たない小さな起業という働き方を0から実現するための教科書&メルマガの購読者は1万人を突破。

1台のPC以外持たずに、自由に働く月収100万円プレイヤーを多数輩出している、keishiが制作した小さな起業実践のための初心者向けの教科書『Net business navigation』が期間限定で無料で全てダウンロードできます。詳しくはこちら↓

期間限定ですので、興味があればこちらから今すぐご登録頂くことをおすすめします。