マーケティング

センターズオブインフルエンスマーケティング

今回は業界の有力者を利用するマーケティング手法であるセンターズオブインフルエンスマーケティングについてお教えします。

センターズオブインフルエンスマーケティング

 

センターズオブインフルエンスマーケティングの動画講義

 

センターズオブインフルエンスマーケティングとは

センターズオブインフルエンスマーケティングは元々、
業界の有力者にあなたや、あなたの商品を紹介して
もらうという意味のマーケティング手法です。

 

このセンターズオブインフルエンスマーケティングをより深く理解し、
様々な業界で実践に使えるようにするためにはオピニオンリーダーと
フォロワーという政治学でよく使われる話を理解しておくといいです。

 

オピニオンリーダーとフォロワー

センターズオブインフルーエンスマーケティング

オピニオンリーダーとは特定のジャンルにおいてある集団の
意思決定や購買行動に大きな影響を及ぼす人のことです。

 

影響を受ける側の人間をフォロワーといいます。

 

特定の主婦集団でのオピニオンリーダー、サラリーマンの
オピニオンリーダー、不良のオピニオンリーダー、ファッションでの
オピニオンリーダーなどオピニオンリーダーは無数に存在します。

 

例えば女子高生のファンションというジャンルを仮定して話します。

 

この記事を記述している2014年現在、きゃりーぱみゅぱみゅ(以下きゃりー)
という芸能人が多くの女子高生の間でファンションカリスマとして崇められ
ています。

 

きゃりーがブログやテレビで紹介した服のブランドや
コーディネート、化粧品は瞬く間に人気になります。

 

「きゃりーちゃんカワイイ、きゃりーちゃんとおんなじ服欲しい」

 

多くのきゃりーを信奉する女子高生がそう思うのです。

 

つまりきゃりーの行動や紹介が多くの女子高生の思考
や購買行動に影響を与えているのです。

 

このケースで言えば、きゃりーがオピニオンリーダーで、
彼女を信奉する多くの女子高生がフォロワーです。

 

図にするとこんな感じ。

オピニオンリーダーとフォロワー

 

もしもあなたが商品を作り、短期間でブランディングを強固なもの
にしたいならば、オピニオンリーダーに商品を褒めてもらったり、
紹介してもらえばいいわけです。

 

そうすると、そのオピニオンリーダーのブランディング(カリスマ性)を
一部もらう形でフォロワーの中で自分の商品をブランディングすることができます。

 

このようにブランディングしたい物や人をターゲット層のオピニオン
リーダーに褒めてもらったり紹介してもらったりすることでフォロワー
に商品を認知してもらったり買ってもらったりブランディングすることを
センターズオブインフルエンスマーケティングといいます。

 

センターズオブインフルエンスマーケティングを英語で書くと
Centers of Influence Marketing(影響の中心のマーケティング)
です。

 

オピニオンリーダーという”影響の中心”を落とすことで、そのフォロワー
の購買行動をコントロールするマーケティング手法だということです。

 

オピニオンリーダーにインセンティブを与えて紹介してもらう場合は”落とす”
といったニュアンスが近いですし、無料で紹介してもらう場合は”信頼できる
と思ってもらう”というニュアンスが近いです。

 

自分のビジネスのターゲットを定め、ターゲットの集団が憧れを抱く
ようなオピニオンリーダーにアプローチしていきます。

 

例えば自分のビジネスのターゲットを女子高校生に定めたなら
彼女らのオピニオンリーダーであるきゃりーにアプローチを仕掛ける
といった感じです。

 

ネットビジネスの場合も、センターズオブインフルエンス(有力者)
はたくさんいます。

 

あなたのメンターもおそらくそうですし、ほかの集団の中でも
カリスマ的指導者みたいな人がいます。

 

こういった実力者と良好な関係を築いておくと、自分が作った
商品や自分自身を紹介してもらえる可能性が高まります。

 

そして紹介してもらうことができればあなた自身の
ブランディングが多くの人に気づかれていないような
状況においても短期で(多くの人の頭の中に)
ブランディングを形成することができます。

 

短期でブランディングを獲得できるというのは
言い換えれば爆発的な収益を生み出すことが
可能となるということです。

 

誰がセンターズオブインフルエンスになりえるのか?

有力者としてあなたを引き上げてくれうる
人物を大別すると4種類に分けることができます。

 

  • メンター(師匠)
  • クライアント(客)
  • パートナー
  • コモレード(横のつながり)

 

中でもメンターに引き上げてもらうという
のが最も多いパターンです。

 

有力者に紹介してもらうための条件

1.センターズオブインフルエンスに価値を提供 できる

『何もあなたにはあげないけど私を引き上げてください!』
こんなやつを紹介したいと思う人間は皆無です。

 

きちんと有力者に対してどんな価値を対価として
提供できるか考えてみましょう。
2.紹介に足る人格・コンテンツ である

しょぼいものを紹介すると、紹介者の
信頼性まで落ちてしまいます。

 

従って、コンテンツの紹介をお願いする
際はユニークor高機能なものを持って
いきましょう。

 

あなた自身を紹介してもらうのであれば
あなたの人格とスキルを紹介に足るレベル
に上げましょう。

 

3.影響の中心たる人物との信頼関係構築 している

1,2を満たした上で有力者と関係を構築
することをできればセンターズオブインフルエンス
マーケティングは発動します。

 

著者プロフィール

keishi
1988年生まれ/早稲田大学社会科学部卒

好き:無印良品、mac、ラッコ、シンプルで上質なモノ。

嫌い:目覚まし時計、しいたけ、体育会系ノリ。

『就職したくない。。。ってか、朝早く起きれない。』

そんな思いで、就活で挫折していた、2013年の5月(25歳のとき)に0からPC1台、ネットビジネスを始めたのがきっかけ。

現在はビジネスコミュニティの運営、Webマーケティング、アフィリエイト、コンサル、などの活動が中心。

【実績】
2013/5 :ネットビジネス開始
2014/7 :月収100万円達成(プロモーション)
2015/2 :月収200万円達成(プロモーション)
2015/9 :月収1600万円達成(プロモーション)
2016/1 :月収200万円達成(自動化)
2016/9 :月収3000万円達成(プロモーション)
2017/2 :月収400万円達成(自動化)
2017/10:月収4900万円達成(プロモーション)

“1台のPC以外、持たない小さな起業という働き方を通して、心地のよいくらしを創る”ことを発信しています。

1台のPC以外、持たない小さな起業という働き方を0から実現するための教科書&メルマガの購読者は1万人を突破。

1台のPC以外持たずに、自由に働く月収100万円プレイヤーを多数輩出している、keishiが制作した小さな起業実践のための初心者向けの教科書『Net business navigation』が期間限定で無料で全てダウンロードできます。詳しくはこちら↓

期間限定ですので、興味があればこちらから今すぐご登録頂くことをおすすめします。