ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)

どうもkeishiです。今回はネットビジネスで爆発的な収益を得るのに必須のマーケティング手法であるダイレクトレスポンスマーケティングを動画で解説しました。

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)  動画

 

ダイレクトレスポンスマーケティングとは

ダイレクトレスポンスマーケティングとは反応
(レスポンス)をくれた見込み客に絞って販売を
かけていく手法です。

 

例えばテレビCMのようなマスマーケティング
では商品に興味がある人、ない人に関わらず
不特定多数に対して商品販売をかけます。

 

それに対してダイレクトレスポンスマーケティング
では商品に興味がある人のみに対して販売や商品
提案をしていきます。

 

仮に目の前に10人の人がいて、片っ端から全員に
売り込みをしていくのがマスマーケティングのイメージです。

 

一方で、
目の前にいる10人にまず”私の商品に興味がある人はいま
すか?”と言う形で問いかけ、手を挙げた3人に絞って売り込みを
していくのがダイレクトレスポンスマーケティングのイメージです。

 

ダイレクトレスポンスマーケティングのメリット

レスポンスがあった人、つまり商品に興味が
ある人にだけ販売を行えるので効率が良い

マーケティングを柔軟に変えられるため高い
成約率になる

双方向のやり取りを通して、信頼関係を気づける
これらのメリットが何を意味するのかは
動画の中で語っています。

 

これらのメリットを端的に言い表せば
『信頼している人が今まさにほしいものを
ズバっと提案できる』
ということです。

 

だから、ダイレクトレスポンスマーケティング
人類史上最強のマーケティングだとか、最も爆発
的に稼げるマーケティングだといわれるのですね。

 

一般的なWebマーケティングの流れ

図1

1.集客
2.販売

この2ステップです。

 

集めたお客さんにいきなり売り込む、
これが一般的なWebマーケティングです。

 

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM) 流れ

図2

ダイレクトレスポンスマーケティングでは
集めたお客さんにいきなり売り込むことは
しません。

 

集客と販売の間に”教育”というステップを
はさむのです。

  1. 集客
  2. 教育
  3. 販売

 

我々の購買行動には過去に教えてもらった
こと、教育が大きく影響しています。

 

例えば、100円の普通のノートと200円の
環境に優しいノートどちらを買いますか?

 

…と聞かれて後者を選ぶ人が結構います。

 

そういった人は小、中学校で受けた環境
教育が購買行動に影響しているのです。

 

僕も小さい頃、学校で北極だか南極だか
の氷が地球温暖化で溶けて白熊が溺れてい
る映像を見せられた記憶があります。

 

あるいは添加物が体に悪いという教育を
受けた後に、少し高い無添加の食品を好んで
買うようになったこともありますね笑

 

これは僕が影響されやすいのではなくて
世の中の多くの人がこんな感じなんですよ。

 

従って、集めたお客さんに売り込む前に教育
を施すことはいうまでもなく強力なのです。

 

ダイレクトレスポンスマーケティング×メルマガ

メルマガとダイレクトレスポンスマーケティング
の相性は抜群です。

 

メルマガとダイレクトレスポンスマーケティングの
組み合わせを可視化してみましょう。

図3

集客

メルマガ登録フォームを設置したページを
作り、ブログやSNSからアクセスを流して
メルマガ読者登録を促します。

 

メルマガでの集客=メルマガの読者集め
ですからね。

 

ちなみに以後、メルマガの読者のことは
リストと呼びます。

 

メルマガ登録を促進するために登録者
へのプレゼントを用意すると効果的ですね。

 

教育

集めたメルマガ読者をメールや動画、
PDFなどを使って教育していきます。

 

ダイレクトレスポンスマーケティングの中でも
最新鋭の手法としてプロダクトローンチという
ものがあります。

 

プロダクトローンチでは特に動画をゴリゴリ
使ってリストを教育していきます。

参考記事:プロダクトローンチの動画講義

 

販売

メールの中にセールスレターへのURLを
設置してリストをセールスページに誘導します。

 

というわけでダイレクトレスポンスマーケティング
は意味不明な金額を叩きだせる手法であるにも
関わらず、ロジック自体は非常にシンプルです。

 

使いこなせればサラリーマンの年収を一瞬で
稼ぎ出すことが如何に簡単か、肌で分かるように
なると思います。

当ブログからの無料プレゼントはこちら
バナー

いかがだったでしょうか?参考になれば幸いです

当記事を気に入って頂けましたら、ソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加