ワードプレスの記事更新を外注する際、権限を指定する方法

権限どうも、keishiです。

あなたのワードプレスサイトの記事更新を他人に任せる際、全権限を渡してしまうとウィジェットの編集やヘッダーの変更なども出来てしまうので悪用されてサイトがめちゃくちゃになってしまう恐れがあります。

 

そのような可能性を予防するために他人に記事更新を外注したりお願いしたりする際はあなたのユーザー名とパスワードを教えてログインさせるのではなく、記事更新のみに権限を絞ったユーザーを新たに新規追加するといった方法を取るといいと思います。

 

今回はその方法を動画で解説しました。

記事更新を他人に任せる際、権限を指定する方法

 

管理者、編集者、投稿者、寄稿者、購読者の違い

  • 管理者 全権限。ウィジェットの編集から記事更新、ヘッダー編集まで全てできる
  • 編集者 全記事の投稿、公開、編集、削除が可能
  • 投稿者 自分の投稿のみ公開、編集、削除が可能
  • 寄稿者 投稿者との違いはメディアファイルをアップロードできないところ
  • 購読者 コメントを読んだり投稿する権限のみ。記事編集はできない。

記事編集を外注するのであれば投稿者に指定するのが一番おすすめです。

 

今回紹介した方法はトレンドサイトや総合情報サイトの更新を外注する際に非常に役にたちますので機会があったらやってみてください。

当ブログからの無料プレゼントはこちら
バナー

いかがだったでしょうか?参考になれば幸いです

当記事を気に入って頂けましたら、ソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加