広告収入を得られるネットビジネスは?

「ネットビジネスは広告収入を得られるらしい…」なんとなくそんな話を聞いたことがあるかもしれませんが、全てのネットビジネスの収益源が広告収入というわけではありません。

 

広告

 

ネットビジネスとはそもそもネットで行うビジネス全部を指す

ネットビジネスとは広くインターネット上で行う全てのビジネスを
指すので、Amazonや楽天のようなネットショップから輸入転売、
せどりや僕のやっているアフィリエイトまで多岐に及びます。

 

広告収入を得られるネットビジネスはアフィリエイト

「ネットビジネスは広告収入が入るらしい」という時の
ネットビジネスはアフィリエイトを指しています。

 

アフィリエイトとは簡単に説明するとブログの空きスペース
などに企業や商品の広告を設置することで広告収入を得る
ビジネスモデルです。

 

ブログやサイトを作って広告を設置してアクセスを集められれば
広告収入が入ってくるわけですので個人でるわけです。

 

ゆえにサラリーマンや主婦の副業としてアフィリエイトが人気
なわけです。

 

今あなたが読んでいるこのブログにはほとんど商品広告は
貼られていませんが、僕が作っている他のブログにはガンガン
広告が貼ってあります。

 

ゲームの情報を発信するブログなんかも持っているのですが、
そのブログを読みに来てくれる読者はゲーム好きです。

 

なのでゲーム好きがクリックしたくなるような広告、つまりゲーム
の広告をブログのサイドバー何かに設置しています。

 

主に楽天のゲームソフトなんかの広告ですね。

 

そして僕のブログの読者がサイドバーに載っている広告をクリックして
楽天でゲームソフトを買った場合、楽天から僕に広告報酬が支払われ
るわけです。

 

これが”ネットビジネスは広告収入が稼げるらしい”の真相です。

 

正直、ブログを作ったり広告を設置したりといった作業はアフィリエイト
初心者でもすぐできます。

 

ブログの作り方や広告の設置の仕方は僕が動画講義を作って無料で
お配りしているので興味がある方はこちら(ネットビジネスナビゲーション)
をダウンロードして見てください。

 

実際に動画を見ながらブログ作成、広告設置をして頂ければ
まず失敗することはないはずです。

 

で、ここだけ切り取ると

「なんだ、ネットビジネス(アフィリエイト)って楽に稼げそうじゃん」

って思うわけです。

 

またネットビジネス、アフィリエイトの教材も”楽して稼ぐ”を謳っている
ものが多いのでなんだか楽して稼げそうな気がしてきます。

 

でも実際、そんな甘い言葉に釣られてネットビジネスを始めた人は
ブログや広告設置は出来ても、多くの場合、稼ぐことが出来ません。

 

なぜならブログを作ってもアクセスが勝手に集まるわけでは
ないし、広告をクリックしてくれるわけではないからです。

 

ブログにアクセスを集めるにはインターネットにおける集客を
きちんと学んでいく必要があります。

 

商品広告をクリックしてもらったり、買ってもらったりするには
それなりの心理学やセールススキルが必要になります。

 

しかし、楽して稼げると思ってネットビジネスを始めた人には多くの場合、
そもそも”学ぶ”とかきちんと時間を当てるといった発想がありません。

 

ネット”ビジネス”なわけですからビジネスのいろはを学ぶ姿勢が
ないとほかのビジネス同様、稼ぐことはできないのです。

 

さて、これを聞いて以下の3種類の人が出てくると思います。

 

 

1.「なんだ、ネットビジネスは楽そうだと思っていたけれど、
そんなに甘くはないのか…ショックだな、じゃあやめよう」

 

2.「コイツはネットビジネスは楽に稼げないって言ってるけど
楽に稼げると謳う情報商材がたくさん出てるし、きっとコイツが
楽に稼げる方法を知らない、もしくは隠しているだけだろう。」

 

3.「ネットビジネスは甘くはないけれど逆にほかのビジネスと同じ
でしっかり勉強すれば稼げるのか、しっかり勉強するか。」

 

 

で3を考えた人はすごくラッキーです。
なぜならばネットビジネスをやろうとしている人のほとんどは1.,2のように
考えている、つまりビジネスに取り組むような姿勢ではないからです。

 

ネットビジネス、特にアフィリエイトではそういう人たちが
競合者なわけです。

 

つまり楽して稼げるわけではなく、勉強が必要になってくるけれども
ほかのビジネスと比べて競合者が圧倒的に弱いので、稼ぎやすい
ということです。

 

実際に僕は一日4時間、ビジネスの勉強やブログの記事を
書く作業をしています。

 

そして今月(2014年7月)の月収は100万円を超えています。

 

1日に3〜4時間ちゃんと勉強したり作業したりすれば稼げます。

 

なぜならば楽して稼げると思い込んでいる多くの競合者は1日に
1時間すら勉強したり作業したりしないからです。

競合(ライバル)の強さが収入や作業時間を左右する理由

例えばある街でオムライス屋さんを出そうとします。
その街には他にも9件のオムライス屋さんがあります。

 

自分が店を出すと合計10件なのでこの10件でオムライス
の見込み客を奪いあうことになります。

 

まあ分かりやすいように見込み客の数を100人としましょうか。

 

つまり今日、この街で外食してオムライスを食べたい人が
100人いるということです。

 

この場合、10店舗でこの100人を奪い合うことになります。

 

ここで、他の9件のオムライス屋さんの経営者が全員怠け者で
全然立地の良くない路地裏に店を構えていて、なおかつ美味しい
物を提供する努力もしないのでクソまずいとします。

 

そこに店舗経営について、少し勉強したことがありそこそこ美味しい
オムライスを提供できるあなたの店があれば100人全員とは言いません
が大多数のお客さんは獲得できますよね。

 

逆に競合者(ライバル)のオムライス屋経営者がすごい企業努力していて
集客も勉強して頑張っているし、味も追求して美味しいし…

 

となればあなたはそれ以上の努力をしなくては競合者に負けるため、
お客さんを獲得できないのです。

 

このように競合者が弱ければ確かにビジネスの勉強や商品の質をあげる
努力はある程度しなくてはいけませんが、その努力量は少なくても稼げますが、
競合が強ければその分、努力量が多くないと稼げないのです。

 

幸いなことにネットビジネス、アフィリエイト業界での競合者は弱いです。

 

ですから競合者が強い分野で努力するよりは少ない量で
稼げます。

 

しかし、世間でよく言われている「寝てても、放ったらかしで楽して稼げる」
という性質のものではないことに注意してください。

 

それさえわきまえて、きちんと取り組めばネットビジネスは難しいものでは
ないので、稼げるようにはなります。

 

 

 

 

当ブログからの無料プレゼントはこちら
バナー

いかがだったでしょうか?参考になれば幸いです

当記事を気に入って頂けましたら、ソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加